イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「カワイイへの拘り パパルラ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「カワイイへの拘り パパルラ」です。
また見知った顔ですね。やはり、あの雑誌は要らないのでは?

f:id:harvestfiesta:20190313103943j:plain



評価:1/5

 

■[V]と同名の[R]が存在する場合自己パンプ

お揃い、お揃いね。

然程使い難い効果ではありませんが、ギフトなしG3がこの程度の効果を与えられて採用される事は稀有でしょう。

 

このカードの利点は

同名カードをサーチする《カラフル・パストラーレ キャロ》を擁するクランである点。

バミューダのリソース確保能力が高く同名カードを揃える事が他のクランに比べて得意である点。

あとはパンプ値がパワー+15000と高い点です。

 

逆に欠点は

《カラフル・パストラーレ キャロ》を擁する「旋律」軸はG3の採用候補が多く、このカードの入り込む余地がない点。

ハイランダー」軸に至ってはテーマが真っ向から対立している点。

パワー+15000の自己パンプであれば、ギフトアイコン持ちで「旋律」「ハイランダー」どちらにも採用できなくはない《淑やかな願い事 アミィ》がTDに存在している点です。

 

■総括

パンプ値が高く条件も「ハイランダー」以外であれば然程難しくはありませんが、バミューダは優秀なG3ユニットが多いので、このカードをわざわざ採用する事はほぼ無いでしょう。