イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「イノセントダンス プリット」「ボルトパイク・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはまたクーポンカード交換 「イノセントダンス プリット」「ボルトパイク・ドラゴン」です。
こうして交換カードを小出しにして尺を稼ぐ手法、いい加減にして欲しいものですね。

f:id:harvestfiesta:20190305103853j:plain

 

評価:3/5

 

■[V]ヒット時手札交換

旧シリーズと比べると随分査定が上がった事が解る効果ですね。

類似効果のG1は昔もありましたが、当時はパワーは8000もありませんでした。

級手札交換の代表格であるエルモと比べれば驚異的なスペックをしていますが、スタン環境、Vシリーズとしてみると地味なカードですね。

 

バミューダは所属するカードの大半がゴリラの如きウーマン、ゴリウーなので高いパワーラインでアタックしつつ、このカードの効果で手札の質をあげられます。

パワーラインを上げやすいバミューダのアタックに、ガード強要能力が付く点は良いですね。

ドローの後に手札の破棄が来る処理順も使い易く好感が持てます。

 

■総括

ヒット時に手札交換効果を付与するG1ユニットです。

パワーも欠けていませんしヒット時効果ですが使い勝手の良い能力なので、悪くはありません。

 

十分に採用圏内のカードだと思いますが、バミューダには確定の手札交換や、ドロー効果持ちが存在するので、このカードを積極的に採用する理由が薄い点が勿体無いですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190305103859j:plain


評価:2/5

■高いスペック、キツイ縛り

これはなんとも…ユニークなユニットですね。

 

G2ユニットですがパワーはG3相当の12000、シールド値もG1相当の10000と高く、デメリットに見合うだけのものを持っているかどうかはともかくとして、デメリットを受けるに値する単純に高いスペックを与えられたデメリットアタッカーです。

 

効果は全部デメリットなので、このカードの利点はスペックオンリー。

高いパワーとシールド値が全てですね。デメリットが重い為、使い易くはありませんがアタックできなくともガーディアンとして通常のG2以上の働きをしてくれる点が偉いです。

パワーも高く、フォース[V]以外は単騎でアタックできる数値をしていますが、他の条件付きパンプ持ちG2ユニットと比べると、必要十分とは言い難い数値ですね。

 

欠点は当然、その重いデメリット効果です。

前列にリアガードが存在するとアタックする事ができなくなるので、このカードを出した後は通常のなるかみ以上に徹底して前列をバインドしていく必要がありますね。

その制限の都合上、前列の増加する対アクセルは苦手です。

相手の前列全てにアタックできる《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》と相性が良いと言えますね。

 

■総括

ヴァンガードにしては珍しい、使えなくも無さそうなデメリットアタッカーです。

「デトニクス」軸に採用するには少々でメリットが重いので「ヴァーミリオン」軸の強化と言う位置づけでしょうね。

アタッカーとしては大量に投入すると腐りそうですが、腐ってもガード札として働くのでデメリットアタッカーにしては投入し易い良いカードだと思います。