イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch「テントレスフェザー・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の公式ch公開カードはEB06「救世の光 破滅の理」収録 「テントレスフェザー・ドラゴン」です。ロイパラはG3も激戦区なのだって…そりゃ、これだけ頻繁に収録されれば何処だって激戦区になりますよ。考えるまでもない事ですが、ブシロードですからね。

f:id:harvestfiesta:20190301090848j:plain


評価:1/5

■大きくなったアレン

登場時にCBを支払う事で手札からコール&自己パンプを行い、減った分を補充するほぼほぼ《ナイトスクワイヤ アレン》のG3版です。

 

相違点はコールする枚数が2枚に増え、ドローしても収支がマイナスになる点

自身のグレード及びパンプ値が上昇した為パワーが高い事です。

 

パンプを含めれば単騎でパワー18000に届くとのは偉いですね。

それ以外の利点は見当たりません。サブ[V]にしてもロイパラにはもっと選択肢がありますし、そもそもG4を投入する事が多いロイパラにはG3に遊びを入れるスペースがありません。

一部の心優しい方は、効果でのコールを行えるカードは貴重なので今後のプール次第では選択肢になり得るとお考えかも知れませんが、そう言うカードが増えたのならもっと高性能かつ高レアリティのカードが出ます。

ロイパラに産まれたことそのものがこのカードの欠点です。

 

■総括

動画でも半笑いで付言されていましたが、一定以下のレアリティしか使用できない制限環境下の構築でもない限りは使いません。

小さい方はG1なので重宝しましたが、G3になると邪魔です。

特別弱くはありませんが、ロイパラには不要ですね。