イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局 「名曲の継承者 ミンネ」「ドラゴンフルアーマード・バスター」 評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ

残り2種、EB05「Primary Melody」収録 「名曲の継承者 ミンネ」

EB06「救世の光 破滅の理」収録 「ドラゴンフルアーマード・バスター」です。


Primary Melodyのカードを紹介し終わっていないからアズールを紹介できないのであれば、EB05をさっさと紹介して次の話に移れば良いだけなのに、何を言っているのだろう。

自分達でいつまでもずるずると引き延ばしていると言う、自覚が無いわけではあるまいに。

f:id:harvestfiesta:20190219230139j:plain

 

評価:4/5

 

■登場時2枚引き、手札を山札に戻す

素直に使用すれば、CB①で手札を1枚増やす効果です。

 

それも2枚引き、その後不要なカードを山札に戻せる為、単純なドロー効果よりも質の良いドローを行える点が優秀ですね。

また山札に戻すカードにトリガーを指定すれば、僅かにデッキ内のトリガー比率を上げる事も出来ます。

 

ただし自身のヴァンガードと同名のリアガードが存在しない場合、山札へ戻す枚数が3枚となり、CB①を支払って手札が1枚減る効果になってしまいます。

ハイランダーと逆行しますが、LIR以外のレアリティではそう言う事は気にしないのでしょうか? さすが脳味噌の代わりに大鋸屑が詰まっている人は違いますね。

 

放送局でも触れられていましたが、山札が薄くなった時にわざとヴァンガードと同名のカードが存在しない状態でこの効果を使用し、手札のトリガーを3枚戻す事で山札のトリガー比率を大きく向上させる事もできます。

ヴァンガードはトリガーの重要性が非常に高いゲームなので、こう言った小技が選択肢にあると便利ですね。

 

■総括

やや条件は厳しいですが、質の良いドローを行いつつ、山札にトリガーを返す事の出来る優秀なユニットです。

 

今の所G2帯には《甘美なる愛 リーゼロッテ》以外に必要十分なスペックを満たしつつアドバンテージを確保できるユニットが居なかった為、このカードも十分に採用圏内だと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190219230146j:plain


評価:5/5

 

■相手のリアガードが居ないならパワー+3000

少々条件は厳しめですが、【V/R】効果で永続13000になれるのであれば、許容範囲ですね。

 

きちんと単騎でフォース[V]に届く数値になれるところが偉いです。

この効果がある為、相手は焼き切られないように展開しなくてはならないとも見れますし優秀ですね。

 

■登場時1体除去&「オーバーロード」サーチ

SB②とコストは重いですが、【V/R】で使用でき、除去によって1アドバンテージを稼ぎ、更にサーチ効果で手札を増やせるのですから、納得のコストです。

このカードのお陰でかげろうのライドはかなり安定しそうですね。

 

ソウルコストは重いですが、その分CBを一切消費しないと言うメリットもありますし、文句のつけようのない性能です。

 

■総括

パンプ・除去・サーチと必要なものを全部詰め込んだ優秀なG2ユニットです。

次代のかげろうの必須カードだと思います。

このカードが入る事でソウルコストが重いと感じれば《バーサーク・ドラゴン》が、そうでなければ《ドラゴンナイト ネハーレン》辺りが抜けてこのカードと入れ替わる形でしょうか。