イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「新米アイドル ピエーナ」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB05「Primary Melody」収録 「新米アイドル ピエーナ」です。
ブースターの方を紹介して、無意味に引っ張りますね。TDのメインは見えたとのだから、もう引っ張る意味も薄いと思うのですが、理解不能です。

 

f:id:harvestfiesta:20190130104203j:plain


評価:2/5

■[V]が登場した時自己パンプ

自分のヴァンガードが登場した場合、ターン中自己パンプする効果ですね。

条件付きでパワー+5000され、素のパワーも8000あるのでまずまずの性能ですね。

フォースクランなのでパンプ値が高く、必要とあれば、単騎で[V]を殴れる所は偉いと思います。

 

ただ[V]が登場した時とやや限定的な状況でのみ発動する自己パンプなので、G3までライドした後は発動の機会に乏しい印象です。

旧シリーズの着ぐるみアイドルのような、[V]に繰り返しライドし続けるギミックがないと厳しいですね。

 

■総括

自分のヴァンガードが登場した時、パワー+5000されるG1ユニットです。

パンプ値が高く、素のパワーが8000ありそこそこ優秀ですが、この条件であればパワー、グレードが同じで、登場時に自己パンプできる「無邪気な博愛 ラーティ」の方が良いと思います。