イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「甘美なる愛 リーゼロッテ」「一世一代の告白 アウロラ」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはTD08「ショコラーデ メロディ」収録 「甘美なる愛 リーゼロッテ」「一世一代の告白 アウロラ」です。
TDの顔も後悔されましたね。この調子でさっさと全カードが見られることを期待します。

 

f:id:harvestfiesta:20190129220617j:plain

 

評価:5/5

 

■グレード1としてコール

本来はG2のユニットですが、この効果により1ターン目からリアガードにコールでき、早期から二つ目の効果を使用して場にユニットを展開していく事ができますね。

2ターン続けてこのカードをコールないしライドして、アドバンテージを稼ぐのがバミューダの理想的な動きのようです。

成程、これは強い。

 

コールする領域は指定されていないので、ガーディアンサークルにもG1としてコールできますね。

この効果を使用すれば「修羅忍竜 クジキリコンゴウ」のガード制限等を掻い潜ってガードできそうです。

 

■登場時ノーコスト展開

これまでにもCB①で2枚分のアドバンテージを生み出す組み合わせを保有するクランと言うものはありましたが、このカードは単体でノーコスト1アドバンテージを獲得したVシリーズ初のユニットです。

 

このカードを最悪1ターン目から毎ターンコールし続けてくるのだから、バミューダが強い事は想像に難くありません。

下手をすると後攻1ターン目からG3のリアガードを立ててアタックができるクランになったようです。

TD環境では「淑やかな願い事 アミィ」が出てくるカードの最大値でしょうか

ヤバいですね。

 

もしトップがトリガーだった場合にも、場に出さずソウルへ送ると言う選択肢もあります。今の所ソウルインには魅力を感じませんが、出来ないよりは出来た方が得です。

 

■総括

特に使い方を考えるまでもない、ただ強ユニットです。

これまでに見えていたカードはただのパンプばかり、G3が【V】効果で漸く使い難い1コス1ドローを搭載している程度でドローや展開を然程得意とはしていないカード群でしたが、一転して強力なリソース供給源を公開されて驚いています。

このレベルが許されるとなるとBT込の環境は一体どんな魔境となってしまうのか、想像が及びません。

 

とりあえず、このカードだけはBTがどんな人外魔境であっても採用されうる強力なカードです。

 

f:id:harvestfiesta:20190129220625j:plain


評価:3/5

 


■ノーコスト手札交換

ノーコストで手札が交換が行えます。便利ですね。

何気にドローの後に捨てるカードを選べる最も強い形の手札交換である点も魅力です。

単純な効果で、特に使い方などもないので話すべき事はほぼありません。

 

たかが手札交換にCBや場のユニットを消費するクランもあるのに、ノーコストですか。

アドバンテージこそ稼げませんが、このカードも文句なく強いですね。

一つのクランに同名カードのターン1回制限を持ったカードが二つも配られるとは思いませんでした。

そのうえこちらはパワーに瑕疵もないのだから、尚更です。

 

ちょっとインフレ早すぎるんじゃないですかね?

 

■総括

G1の手札交換効果持ちユニットです。

この効果をノーコストで使えパワーもきちんと8000あるので、BT発売後も採用候補に上るカードだと思います。