イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch「ナイトメアドール ろーだ」「ナイトメアドール いーでぃす」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今回の公開カードは《ナイトメアドール ろーだ》《ナイトメアドール いーでぃす》です。これでペイルムーンのカードはほぼ全て見えましたね。残りはC枠が1つです。

 

f:id:harvestfiesta:20190118013234j:plain

 

評価:3/5

 

■急な種族押し

ヴァンガードで種族統一とか現実的ではないので、デザイナーズデッキを用意する気が無いのであればやめて欲しいものですね。

 

とは言え、ペイルムーンのワーカロイドであれば実用的なラインで無理なく投入できるので、このカードも無茶な要求をするゴミにはならずに済んでいます。

キメラ参照とか言い出さなくて一安心です。

 

効果の方は単純なパンプ効果で上昇値も低いですが、なかなか優秀ですね。

現実的ではありませんが一応最大5体でパワー+10000。単騎19000になる可能性があります。そこまで行かずとも2体参照でパワー+4000。単騎14000も出せれば十分ですね。

何処から登場しても発動する為ソウルからコールする選択肢としてはなかなか優秀で、手札に来ても腐る事が無い所は魅力ですね。

 

■総括

場とソウルを往復する事でアタック数を増やしダメージを取って行くペイルムーンは、パワーラインが低い事が悩みの一つでしたが、それを解消し得る可能性を秘めたユニットです。《ニトロジャグラー》《アマランスビーストテイマー》はそれぞれにこのカードとは違った役割があるので差し替えるのは微妙かも知れませんが、その辺りの枠を削って採用しても良さそうなカードだと思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190118013241j:plain


評価:4/5

■ろーだ互換

《ナイトメアドール ろーだ》のG1版です。

 

こちらも同様の効果を持っているのでやはり優秀ですね。

2体参照でパワー12000になるので、最悪アクセル・プロテクトクラン相手であれば単騎で殴りに行けますし、3体参照すればフォースクランも殴りに行けます。

 

また、《ナイトメアドール ろーだ》にない特徴として、こちらはG1ユニットなのでワーカロイドである《ジャンピング・ジル》の効果で無駄なくコールできます。

よりペイルムーンで使い易い立ち位置に居ると思います。

 

■総括

なかなか優秀なパンプ効果を持ったG1ユニットです。

《ジャンピング・ジル》の効果でコールするユニットの筆頭は《ミッドナイト・バニー》でしたが、このカードをコールする動きの方が安定するかも知れません。

《パープル・トラピージスト》は必須なので減らせませんが、そこ以外の枠であれば、このユニットを差し挟む事も出来るので、採用してみるの良いと思います。