イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「波動する根絶者 グレイドール」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録 《波動する根絶者 グレイドール》です。
来週には発売なのでこれで漸く全貌が見えました。

ヴァンガードにしては公開が早い方ですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190118121001j:plain



評価:4/5

 

■リアガードの移動封じ

珍しい効果ですね。

リンクジョーカーと特に噛み合うとは思えませんが、どう言った意図なのでしょうか?

 

とりあえず、ヴァンガードは拡張性が低くクランが変わってもフィニッシャーのやる事は代わり映えがしない事が多いので、強い弱いはさて置いてこういったユニークな試みをメインユニットにぶち込んでいく姿勢のは良いと思います。

 

シナジーするカードもありませんし、自身の効果とも特に噛み合いませんね。

無意味に付いているわけではないのでしょうが、持っていても特に活用されるものではありません。

 

■登場時デリート

思っていたよりは普通ですね。

 

素乗りしても裏バインド、再ライドで相手【V】のパワーが0になり、☆+1されるので強力だとは思います。

疑似的に前列のパワーが上昇するようなものですから、CB①・SB①でこの効果であれば十分でしょう。

フォースクランなのでG2ユニットが単騎でもパワー10000あり、デリートした【V】への要求値が何もしなくても高い所が魅力ですね。

 

欠点は登場時限定の使い切り効果である点です。

乗り続けていても特が無いのは困りものですね。移動封じがそんなに重要なのでしょうか?

 

■総括

低いコストでデリートと☆+1を行えるアタッカーです。

《絆の根絶者 グレイヲン》は強力ですが、コストが重いので可能な限りこちらを用いてデリートを行いたいですね。