イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「黒翼のソードブレイカー」「肥沃の魔女 ネーネス」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、シャドパラ2枚 《黒翼のソードブレイカー》《肥沃の魔女 ネーネス》です。
使われるかどうかはさて置き、可愛いですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190115105223j:plain

 

評価:4/5

 

■登場時1ドロー&条件付きパンプ

登場時にCB①を支払い1枚ドローする効果ですね。

手札を減らさずにリアガードを増やす効果はシャドウパラディンの特性と合致していると思います。

既存の《ブラスター・ジャベリン》《アビス・ルーター》と違い、このカード単体で1枚ドローできる点が優れていますね。

 

追加効果のパンプは手札から登場時に限定されますが、一時的にパワー10000まで上昇するので元々のパワーの低さをある程度無視してブースト要員またはアタッカーとして使用できます。

多くの場合このユニットは登場後にコストとして退却すると思いますが、手札からコールした場合のみ通常のG1を上回るパワーになるので、その場合のみコストとして使うのは後回しにしても良さそうです。

 

■パワー5000

他のクランであればただのデメリットですが、《髑髏の魔術師 ネヴァン》の効果でデッキ内のパワー5000のユニットにアクセスできるシャドウパラディンでは、これも一つのメリットとして捉える事ができます。

 

《髑髏の魔術師 ネヴァン》がシャドウパラディンでは必須の優秀なカードなので、その効果の対象が増えるのは良い事ですね。

 

■総括

《髑髏の魔術師 ネヴァン》に対応したパワーを持つ新たなG1ユニットです。

パンプ効果のお陰で、素引きしても邪魔にならない点も偉いですね。

サーチ対象に含まれるユニットの中で唯一ドロー効果持ち、CB①から2枚分のアドバンテージを生み出すカードなので、重宝すると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190115105229j:plain


評価:1/5

■レストコストCC&SC

自身のリアガード3枚をレストする事でお互いにCC①・SC①を行う能力ですか。

昔、オラクルに互いに1枚ドローする効果のカードがありましたが、あれと同様ですね。

 

効果は非常に優秀ですが、デメリットも非常に厳しいものだと思います。

こちらのコストの都合よりもいかに相手に利益を与えずにこの効果を使用するかの方が重要になってしまい、使い難い効果ですね。

 

■総括

優秀な補給能力を持ちますが、同時に相手にも利益をもたらすため非常に使い難いカードです。

シャドウパラディンのG2枠は優秀なカードが多いですし、利敵行為を行うカードを積極的に採用するのは難しいと思います。