イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「忍妖 ミッドナイトクロウ」「隠密魔竜 ダンゼツアナーク」「忍獣 メタモルフォックス」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、ダクイレから3枚 《忍妖 ミッドナイトクロウ》《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》《忍獣 メタモルフォックス》です。
むらくもの追加分は恵まれていますね。イラスト、効果共に良い優良な追加カードが多くて羨ましいです。

 

f:id:harvestfiesta:20190110115420j:plain

 

評価:4/5

 

■登場時【V】を分身

優秀ですね。

どの軸でも採用できそうですが、特に「マンダラ」軸にはありがたい効果ですね。

場に「マンダラ」名称のカードが増やせるカードは大歓迎です。

 

欠点はやや割高なコストに反し、ユニットの展開しかしていない事ですね。

このユニット自体はパンプも一切ないので、アタッカーとしては弱い部類です。

パワーが増加すれば言うことなしでした。

 

■総括

自身の【V】と同名のカードを場に展開してくれるサポート要員です。

どの軸でも採用の余地はあると思いますが、特に「マンダラ」軸では、ほぼ確定枠になるのではないかと思います。

《忍獣 ブラッディミスト》を使っているのであれば、その枠と交換ですかね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190110115431j:plain

 

評価:3/5

 

■【V】と同名カードを永続強化

他の軸は兎も角、「マンダラ」サポートとしては優秀な効果を持ったユニットですね。

 

「マンダラ」軸であれば左右ラインのパワーが+10000されかねない強力な効果ですが、他の軸では使い道に乏しい特定のデッキでこそ役に立つタイプのカードですね。弱くはありませんが使い難い効果だと思います。

対象がリアガードのみなのも少々気に掛かります。

 

■山札から登場時自己パンプ

《忍妖 ミッドナイトクロウ》の効果等で場に出た時に自己パンプする効果ですね。

 

自身の効果と噛み合いが良いと言うわけでもなく、何で付いているのかよく解らない効果ですが、パンプ値もそこそこですし単騎でフォース【V】を殴れるようになるのは良い事だと思います。

 

■総括

手放しに誉められた性能ではありませんが、「マンダラ」軸であれば採用圏内のユニットですね。ギフトなしG3なのでフル投入は避けたいですが、デッキに入らないカードではありません。

最大の問題は既にサブ【V】候補には《忍妖 モロテサヴィラント》が存在するのでそことの兼ね合いでスペースを確保できるかどうかです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190110115437j:plain

 

評価:4/5

 

■自身の名称を変更

これも優秀な「マンダラ」サポートですね。
一時的にでもG1ユニットが「マンダラ」名称になるのはかなり有用です。

ノーコストである点も良いですね。

 

欠点はこのカード自体はアドバンテージを稼ぐこともなく、パンプ効果があるわけでもない、ただ名称が変わるだけのユニットである点ですね。

名称指定サポートの恩恵を受けられなければ、ただのバニラです。

 

■総括

自身の名称を変更する「マンダラ」サポートですね。

《忍竜 マガイマンダラ》のように永続で変更する効果ではない点は残念ですが、なかなか優秀なカードだと思います。