イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「ディメンジョン・クリーパー」「ダイアフル・ノイズ」「風の開拓者」評価

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、ダクイレから3枚 《ディメンジョン・クリーパー》《ダイアフル・ノイズ》《風の開拓者》です。もうダクイレを出し渋る必要性が無いと言う事かな。


f:id:harvestfiesta:20190109110311j:plain

 

評価:3/5

 

■ソウル参照永続パンプ

ソウルにG3があるだけでパワーが+5000され、パワー13000のユニットとして扱えるのは便利ですね。

いざとなれば単騎でフォース【V】を殴れるのは良い事です。

 

条件のソウルにG3ユニットがある場合も《誘惑のサキュバス》等の効果で比較的容易に満たす事ができますね。

 

問題はG1で高パワーを得るだけであれば、《ドリーン・ザ・スラスター》が居る事です。最大値では敵わないので、このユニットは永続効果で相手ターンにもパワー+5000されている所を活用し、差別化していきたいですね。

 

■自身を山札に戻しSC

CB①を消費し自身をソウルから山札に戻す事で、SC③を行うので差し引き2枚ソウルが増えますね。

 

手札を消費せずにSCを行える点は優秀ですね。

また自身が山札に変える事でデッキアウトを先延ばしにできる点も優秀と言えるでしょう。

欠点は普通に場に出してしまうとソウルに触れる事ができない点です。

この効果を使用する場合は他のカードで吸い込む必要があるのですが、《仮面の王 ダンタリアン》を加味するとG1を能動的に吸い込むのは美味しくありませんね。

 

■総括

永続パンプと特殊なSC効果を持ったユニットですね。

条件さえ満たせばブースターとしてもアタッカーとしても活用でき、ソウルに入った場合は効果でSCを加速してくれるなかなか優秀なユニットだと思います。

ダクイレのG枠には《誘惑のサキュバス》《ドリーン・ザ・スラスター》が存在し、さらに《ヴリコラカス 》まであるので枠が厳しいですが採用の余地はあると思います。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190109110316j:plain

 

評価:3/5

 

■ヒット時自己ソウルイン&相手リアガードを退却

起動条件付きの1:1交換能力です。

自己ソウルイン効果の為、一回使い切りですがそこそこ優秀ですね。

 

《仮面の王 ダンタリアン》と併用する事でガード強要能力が上がるので、どちらかと言えば「ダンタリアン」軸向けのカードだと思います。

アタックがヒットした時なので、殴った後に退却効果を使用できる点は偉いですね。

 

■総括

ソウルを増やしつつ相手のリアガードを焼くG1ユニットです。

悪くはない性能をしていると思いますが、ダクイレのG1枠は急に粒揃いになったので、このカードを採用するスペースを作るのは難しそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20190109110322j:plain

 

評価:2/5

 

■条件付きSC

ドライブチェックでトリガーを引いたら、そのカードをソウルに置いてSC②する効果ですね。トリガーもソウルに入れるので一度に3枚のカードがソウルに置かれます。

スタンダード環境のダクイレは大量にSCする手段に乏しかったので、この効果はそれなりに優秀と言えるでしょう。

 

ただドライブチェック時に誘発する効果なので、かなり遅く、それに加えて不確実です。あまり使い易い効果ではないと思います。

 

■総括

ドライブチェック依存のSC効果を持ったG1ユニットです。

最大値は大きいのですが、期待値を考えると使い難い効果ですね。

パワーも7000とやや低いですし、あまりデッキには入らないカードだと思います。

ダクイレにもクインテッドドライブが来たら採用される事もあるでしょう。