イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ぬばたま 「クジキリコンゴウ」軸 デッキレシピ

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ





 

 

■G3(10枚)

修羅忍竜 クジキリコンゴウ ×4

忍竜 ボイドマスター ×3

忍獣 コクシガラス ×3

 

■G2(11枚)

忍竜 マガツゲイル ×4

修羅忍竜 カブキコンゴウ ×4

刹那の忍鬼 ツナマサ×3

 

■G1(12枚)

月下の忍鬼 サクラフブキ ×4

忍竜 ドレッドマスター ×4

忍妖 オボロカート ×2

忍竜 トガジュウジ ×2

 

■G0(17枚)

忍竜 マガツウインド ×1 (FV)

忍竜 クロガネ ×4 (☆)

忍獣 トビヒコ ×3 (☆)

忍獣 ミジンガクレ ×4 (引/守護者)

忍妖 オオツヅラ ×1 (引)

忍妖 ザシキヒメ ×4 (治)

 

 

今回は安くて楽しい「修羅忍竜 クジキリコンゴウ」軸ぬばたまin咎十字です。

VRを採用していないので非常に安く構築できるのが利点の一つですね。

 

ぬばたまは宮地学園で追加された新基軸のプロテクトクランですが、早い段階から詰めに行くタイプのクランでプロテクトらしからぬ動きをするデッキとなっています。

当初は「マガツ」との折半だったのですが、互いに足を引っ張り合う無様を晒すゴミ屑になったので融合解除しました。

 

■各種採用理由

〇G3

・修羅忍竜 クジキリコンゴ

このデッキのメインです。

乗りたいG3がこのカード以外に存在しないので、絶対に減らせません。

 

・忍竜 ボイドマスター

インターセプト絶対殺すマンです。

地味にバウンス効果もっ持っており何かと便利な1枚ですが、メインを務める程のカードパワーはなくフル投入は避けました。

 

・忍獣 コクシガラス

所謂鹿枠です。

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》《忍竜 トガジュウジ》との相性が良く、使っていて楽しいカードです。

詰めの時には必要ですが、基本スペックが低く複数枚は欲しくないので3枚投入しています。

 

〇G2

・忍竜 マガツゲイル

CB①で自己パンプと1ドローができます。

ぬばたまでユニットをフル投入する理由は、それだけで十分です。

 

・修羅忍竜 カブキコンゴ

CB②で2アドを稼ぎつつ自己パンプができます。

数値は少々物足りない所ですが、ぬばたまのG2ユニットの中では優秀な部類です。

 

・刹那の忍鬼 ツナマサ

《千本太刀の忍鬼 オボロザクラ》に比べスペックは大きく劣っていますが、とにかく雑な条件でSCができます。

ただそれだけです。それでも採用されてしまうのがぬばたまです。

このカードは限りなく紙ゴミに近いのですが、他に選択肢がありませんでした。

サブクランなんぞ、そんなものです。

 

〇G1

・月下の忍鬼 サクラフブキ

大凡必要な全てが揃っています。強すぎて入れない理由が無い。

 

・忍竜 ドレッドマスター

クラン特性も所属ユニットも使い手も迷子のぬばたまにおいて、種族まで迷子になった不憫なユニットです。愛でてあげて下さい。

効果も優秀です。

 

・忍妖 オボロカート

詰め用のカードです。欲を言えばあと1枚増やしたいのですが、無理でした。

《忍獣 コクシガラス》の打点が凄い事になります。楽しい。

 

・忍竜 トガジュウジ

詰め用のカードその2です。

自身はブーストした後に悠々と守護者制限を与えながら消えます。強い。

こちらも欲を言えばあと1枚増やしたいのですが、無理でした。

《忍妖 オボロカート》の枠をこちらに寄せるのもありかも知れませんが、併用したいので難しい所です。

 

〇G0

・バニラ引トリガー

手札交換カードが多めでバニラトリガーの処理が楽な為、☆7引5の配分で使用しています。バニラ引トリガーも2枚程度までならば邪魔になり難いと思います。