イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

宮地学園 オラクルシンクタンク 「メイガス軸」 デッキレシピ

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ







■G3(8枚)

ペンタゴナル・メイガス×4

ヘキサゴナル・メイガス×4

 

■G2(12枚)

ロンバス・メイガス ×4

ブリオレット・メイガス×4

レクタングル・メイガス×4

 

■G1(13枚)

テトラ・メイガス×4

雅趣の斎女 フミノ×4

クォーレ・メイガス×4

ファルファッレ・メイガス×1

 

■G0(17枚)

ロゼンジ・メイガス×1 (FV)

オラクルガーディアン ニケ×4(☆)

サイキック・バード×4 (☆)

ウェザーフォーキャスター ミス・ミスト×4 (引/守護者)

スフィア・メイガス×4 (治)

 

 

宮地学園環境で使っていて特に楽しいオラクシンクタンク「メイガス」軸です。

安定を追求したグッドスタッフ型の「アマテドーター」とは対極に位置する、坊主捲り特化型のデッキになっています。

 

各種メイガスでデッキトップを覗いてトップ操作からのドローでトリガーを仕込み、2~3枚見てトリガーが少なければ《雅趣の斎女 フミノ》で大規模入れ替えを行います。

山札を5枚もずらせばほぼトリガーに当たるので、毎ターン3枚程度はトリガーを捲って殴れる非常にヴァンガードらしいデッキです。

 

■各種採用理由

〇G3

・ペンタゴナル・メイガス

ヴァンガードの坊主捲りを加速させるメイン【V】

山札を5枚捲れば6割近い確率でトリガーを2枚引けるので、トップ操作でトリガーを仕込むと相手のダメージ2点からリーサルを狙えるようになりとても楽しい。

山札消費の激しさと、順当ライドした時に貧弱なのが欠点。

 

・ヘキサゴナル・メイガス

性能的には劣化《CEO アマテラス》

《ペンタゴナル・メイガス》下敷きが必要で、【R】に置いた時に名称指定を満たせるので仕方なく入っているカード。

弱くはないが乗り続けていると見劣りするので、仕事を果たしたらさっさと上書きしましょう。

 

〇G2

・ロンバス・メイガス

ろんぱすー。

単騎でパワー14000になりバトル中インターセプトを封じられるので、「メイガス」名称のアタッカーとしては最も安定している。

 

・ブリオレット・メイガス

1ライン潰れてしまう代わりに【V】のパワーを上げつつ1ドローできる。

しかも、それが恒常的に使えるのだから、特に迷うことなくフル投入です。

 

レクタングル・メイガス

見た目に目を瞑れば超絶有能ですからね。

仕方ありませんね。

 

〇G1

・テトラ・メイガス

登場時1ドローとトップ操作を併せ持つので、余程の事が無い限りどこのオラクルにも入ります。

 

・雅趣の斎女 フミノ

必要なのは前列に置く「メイガス」なのでG1は然程名称に拘る必要が無く

《ペンタゴナル・メイガス》がG3のSBを必要とするのでフル投入しています。

また、ピーピングの結果が好ましくなかった場合、山札を大きくずらす事ができる為、可能な限り手札に握っておきたいカードです。

 

・クォーレ・メイガス

《ファルファッレ・メイガス》とどちらを優先するかが悩ましい所ですが、1枚をずらすだけであれば極論ドローしてしまえば良いとので、あちらよりも1枚多く見る事の出来るこのカードを優先しました。

 

・ファルファッレ・メイガス

ノーコストでデッキトップを操作できるので優秀ではありますが、枠の都合で1枚のみの採用です。