イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「死魔公爵 バアル」「ダークソウル・コンダクター」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ



今日のカードはBT04「最凶!根絶者」収録、 《死魔公爵 バアル》《ダークソウル・コンダクター》です。

 

f:id:harvestfiesta:20181220110504j:plain

評価:3/5

 

■登場時自己パンプ&シールド値上昇

【R/G】に登場した時、ソウルが5枚以上ならパワー17000/シールド値5000になる効果ですね。

ソウル条件はダクイレであれば比較的満たし易いので、ほぼほぼ5000のガード札として計算できそうです。

パワー+5000も、まぁ無いよりはマシですが、登場時のみなのでややありがたみに欠けます。

■アタック時ソウルイン&退却

アタック時にCB①支払い、【R】をソウルに吸い込み相手のユニット1体を退却する効果ですか。

 

CB①を消費するとは言え、恒常的に使用できるのでまぁまぁの性能ですね。

アドバンテージを1つ産み出すだけにしては割高なコストを要求されていますが、暴利と言う程ではありません。

 

■総括

ダクイレの新たなG3ですが、微妙ですね。

足回りの強化が必要なダクイレに効率的なSCではなく、ソウルが貯まるまで耐える為のカードを配るとは…。

然程弱いわけではありませんが、既存のG3が各々優秀なので差し替えるかと言われると難しい所です。

 

《仮面の王 ダンタリアン》との相性が良いので「ダンタリアン」軸のサブ【V】としてであれば、入る余地がありそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181220110511j:plain

評価:2/5


■条件付き15000シールド

プロテクトクランですし、15000シールドは便利と言えば便利なので、この手のカードがプールに存在するのは納得なのですが、既に《アブスタクル・オフェンダー》と言う類似カードがある状態で相互互換のカードを追加するのは如何なものか。

あちらと違って場に出ている必要が無いので《仮面の王 ダンタリアン》の効果でソウルからガード札として出された際にも機能する他、ドライブチェックで引いた直後の相手ターンや、各種焼き・バインドを警戒して手札に握っておくと言う使い方はできますが、ダメージゾーンとソウル合わせて10枚以上はダクイレでもそれなりに難しい条件なのであまり使い易くはありませんね。

 

■総括

デッキ内のシールド値を嵩増ししてくれるカードですが、この効果の二種類目とかどの程度需要があるのか疑問です。

繰り返しになりますが、ダメージゾーンとソウル合わせて10枚以上はダクイレでも緩い条件ではないので、「ダンタリアン」軸でもやや使い難いカードだと思います。