イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「修羅忍竜 クジキリコンゴウ」「修羅忍竜 カブキコンゴウ」「忍竜 ドレッドマスター」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

 

今日のカードは「宮地学園CF部」収録、ぬばたま3種。 《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》《修羅忍竜 カブキコンゴウ》《忍竜 ドレッドマスター》です。

旧版で調整を投げた懐かしのハンデスか。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181204110650j:plain

評価:4/5

 

ハンデス

効果を使用できるタイミング、捨てるカード共に相手依存ですが、十分な性能ですね。

 

ハンデスされても守り切れるよう相手が手札を温存してくれるのであれば、守り易くなるのでゲームを伸ばせますし、ハンデスを嫌って故意に手札を3枚以下にキープしてくれるのであれば、相手のガードが薄くなるのでそれはそれで好都合です。

 

なかなかいやらしく動けて良いと思います。汚いなさすが忍者きたない。

 

■バウンス反応ガード制限

まらバウンス反応ですか、なんだかユニークな効果を持っていますね。

今回のぬばたまはこう言う方向性なのかな?

 

このカード自体は相手のカードをバウンスする事ができないので単体では何の価値もありませんが、バウンスを通せれば優秀な効果ですね。

パンプ能力を持たずパワー不足が気になるこのカードの欠点をある程度補ってくれる良い効果だと思います。

 

■総括

ハンデスとガード制限効果を持った【V】用ユニットです。

なんと言うか専用サポートまで貰っていますし、《隠密魔竜 マガツストーム》よりもVRしているのでは?

 

こちらは相手に触る効果が多く、《隠密魔竜 マガツストーム》よりも妨害に傾倒したデッキになりそうです。

両輪も出来なくはないでしょうが、配下が名称指定ユニットの為【V】と【R】が噛み合わない場合に一時的にバニラになる点はいただけませんね。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181204110659j:plain

評価:3/5

 

■最大2体の条件付きバウンス

VGは召喚権がなく手札のカードは全てガード札として扱う為、相手のユニットを手札に戻しても殆ど意味がないのですが、このカードはバウンス後にハンデスを挟む事できちんとコスト分の消耗を強いる事ができ、さらに《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》の2つ目の効果を起動出来るようになっていますね。

発動条件は厳しいですが悪くはない効果だと思います。

 

おまけのように付いているパワー+3000もプロテクト・アクセル相手に単騎で最低限の要求を取れるようになるので、なにもないよりはマシでしょう。

 

■総括

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》専用サポートです。

【V】の固有名称を指定してくるので《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》がピン刺し程度の依存度の低いデッキではバニラ同然の状態になるので、専用デッキを組むときに入れてあげて下さい。

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》デッキでは3点、それ以外では採用の余地がないので1点です。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181204110707j:plain

評価:5/5

 

■手札交換&条件付きバウンス

【V/R】効果で手札交換を行えるのはなかなか良いですね。

《修羅忍竜 カブキコンゴウ》と違って序盤も腐らない点は評価できます。

 

さらに【V】固有名称指定でバウンス&ハンデスを行え、コスト競合を起こしていない点も素晴らしい。

パワーも必要十分な数値ですし優秀ですね。

 

■総括

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》専用サポートです。

手札交換が付いているので序盤から使用でき、【V/R】効果なのでライドしても構わない点が偉いです。

パワーも8000あり、《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》、《修羅忍竜 カブキコンゴウ》と競合しないSBコストでのバウンスハンデスを行える為、ぬばたまに余程優秀なG1が溢れていない限り《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》デッキでは最優先で採用されるカードだと思います。

 

《修羅忍竜 クジキリコンゴウ》デッキでは5点、それ以外では採用理由が手札交換のみなので2点です。