イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch限定カード「ダストプラズマ・ドラゴン」「希望の雷 ヘレナ」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

  

 今回の公式ch公開カードは「宮地学園CF部」収録、《ダストプラズマ・ドラゴン》《希望の雷 ヘレナ》です。

ヘレナはエルモと違って、不気味な見た目をしていますね。

ヴァンガード世界のエルフはいったいどうなっているのか。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181123115055j:plain

評価:3/5

 

■バインド反応型縦列パンプ

相手のリアガードをバインドした時、ノーコストでパワー14000になり、後列もパワー+5000できるのでブースト要員をきちんと置いてさえいれば事実上パワー+1000のパンプです。バインド反応なので事実上CB①は必要ですね。

 

合計でパワー27000になるのでフォース相手でも15000要求。

それ以外には20000要求で手札2枚か治トリガーを要求できるので、そう考えれば悪くはありません。

 

ただ前後列にパワー+5000ずつとしっかりとしたライン形成を要求され、アクセルクランなのに、アクセルサークルで最大値を出せない設計をしている点はいまいちです。

■総括

なるかみのG2は自身のパワーを+5000するユニットがいくつか存在するので、その一種ですね。自身でバインド能力を持たない代わりに最大値を伸ばしたタイプです。

それなりに優秀なので好みによっては採用される事もありそうです。

 

 

f:id:harvestfiesta:20181123115009j:plain

評価:4/5

 

■なるかみのCC要員

少々条件は厳しいですが、コスト回復の手段が用意されているのは良いですね。

自身が消える事もなくアドバンテージの損失がない点は評価できます。

 

相手のリアガードがバインドされた時にしか使用できないので、事実上、その1回をSB①で使用するコスト軽減ですね。

 

欠点はダメージが全て裏でなくては使えない点、バインド反応なので別途バインド能力のコストを消費する点、コストにSB①を必要とする点です。

 

特にSB①は気に掛かりますね。

《ドラゴニック・デスサイズ》、《イクセスストリーク・ドラゴン》との併用が難しそうです。

 

■総括

G1パワーは8000、CCしても場に残り、その気になれば複数回のCCが可能なので弱くはありません。

制約が多くあまり使い易いカードではありませんが、貴重なCC要員なのでデッキに必要となるカードだと思います。