イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「戦巫女 サホヒメ」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

f:id:harvestfiesta:20181128034026j:plain

評価:5/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」収録《戦巫女 サホヒメ》です。

これでジェネシスもほぼ埋まりましたが、結局、神装ゲージは全くサポートされていません。使い回しのゲージシステムを適当につけただけで放置とは、なんともいい加減ですね。

 

■トリガーをソウルに仕込み自己パンプ

ソウルに置いたカードのガード値分だけ自己パンプします。

ドロー効果も付いているので、事実上CB①・SB①で1ドロー、ソウル内容の調整、自己パンプを行う効果です。

 

☆トリガーならパワー+15000で単騎24000となり、要求値15000。

治トリガーならばパワー+20000で単騎29000。要求値は20000。

ソウルに置いたカードのガード値に等しい要求値が取れます。

欲を言えば引守護者を置いた場合にも自己パンプできるようなデザインにして欲しかったのですが、まあ無理でしょうね。

片手落ち感はありますが、ここまで要求値が増えるとなかなか強力なので良いカードだと思います。

 

ヒミコ軸のどうやってトリガーを仕込むのかと言う問題についても、このカードを使えばある程度解決できるので、そう言う意味でも優秀ですね。

 

■ガード値をパワーに変換する能力

強力な自己パンプ能力ですが、ガード値を参照したパンプを行う性質上、どうしても手札のガード値が下がってしまいます。

このカードを使う場合は、バニラを投入するなどしてトリガー以外のガード札を厚めにした方が良いかも知れません。

 

■総括

優秀な自己パンプ効果を持ったヒミコのサポートカードです。

シタテルヒメ、ウリクセス辺りと共に優先的に採用される事になると思います。

 

事実上CB①・SB①を支払い1ドローと自己パンプを行える優秀なカードなので、ソウルにカードを置く効果が必要ない場合も無理なくデッキに投入できるでしょう。