イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガードch公開カード「晴天の駿足 アキレス」評価

 

 


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

f:id:harvestfiesta:20181225144503j:plain
評価:3/5点

 

今回の公式ch公開カードは「The Answer of Truth」収録《晴天の駿足 アキレス》です。

ヴァンが情報局で他の2クランを公開したので、こちらではジェネシスのようですね。

 

■3体パンプ

パワー+3000と上昇値は低いですが、低いコストで3体を対象にできるので柔軟性が高く、まぁ悪くはありませんね。

相手のガード札を1枚増やせれば元は取れるので、振り分け方が大切になるでしょう。

 

ジェネシスであればG2ユニットに+3000を振ってあげると、単騎でフォースVを殴れるようになる等パワーラインの調整、底上げに丁度良いと思います。

 

■自己ソウルイン

ソウルインをコストに多体数パンプを行うこうなので、この効果自体はアド損ですね。

しかし、ジェネシスはソウルを多用するクランなので、ソウルインによる退場は単純なアド損とは限りません。

こう言った能動的にソウルを貯められるカードは、場合のよってはコストを確保するための手段として利用できる為、状況如何ではアドバンテージに直結する使い得な場面もあるでしょう。

グランブルーのドロップゾーン送りや、ダクイレのソウルインと同等のコストですね。

 

■総括

低コストで柔軟性が高い効果を持ちますが、これ単体では強くも弱くもありませんね。

むしろ、相手の手札消費を増やせなければ一方的に自分が損をしてしまうカードです。

このカードを使うの出れば相手の手札を考慮して、しっかりと必要十分な要求値を作って行く事が求められますね。

 

ソウルコストの確保とパワーラインの調整を同時に行えるので、デッキ内のSCが弱いようであれば採用されることもあるでしょう。