イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやTCGの雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

週刊ヴァンガ情報局「ガンギルード・ドラゴン」評価

残りは「The Answer of Truth」収録のギアクロ

 

f:id:harvestfiesta:20181024164742j:plain

評価:3/5点

 

■自軍バインドからの相手ユニットをデッキバウンス

自己バインドを持っていないユニットもこの能力を利用すればバインドゾーンへ仕込めるようですね。

バインドゾーンを活用する効果を他のカードが持っているのであれば、自分のユニットをバインドゾーンへ送る効果の方がメインになるかも知れません。

 

またデッキへのバウンスを行うので、グランブルー全般やドーター等、一部のクランに対して刺さる除去です。

通常の退却よりも強い場合もありますが、逆にスパイク等の一部クランには効果が薄い除去能力なので一長一短ですね。

 

■パンプなし1:1交換要員

任意のカードをバインドゾーンへ送り、1ドローする効果はなかなか良いと思うのですが、一切のパンプが無く、単体では貧弱な印象は否めません。

またドローのタイミングもアタック時と遅く、即座に生かし難いのもマイナス点です。

 

■総括

デッキバウンスのコストに自身のリアガードとCB①を消費しているのでそのままであれば2:1交換ですが、おまけのようについている1ドローで損失を補填でき、1:1交換を行うカードに留まっていますね。

バインドゾーンへ送ることが重要であれば、その価値も上がるでしょう。

 

また、自己パンプを搭載してはいませんが、一応フォースは付いていますし、絶賛するような強さはありませんが、サブVの候補にできる程度の性能はしていると思います。