イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「赤光怪人 フラットレイ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」「 赤光怪人 フラットレイ」です。
ただの再録をXVRとか、特別再録と言って収録し、ハズレ増やすのいい加減辞めてもらえませんかね。
それに加えて新弾の紹介はこれ1枚って…控えめに言ってバカなのかな?


f:id:harvestfiesta:20190809104458j:plain

評価:2/5

■相手の[R]をレスト&パワー吸収

相手の[R]を2枚選択し、そのユニットをレスト状態にし、ターン中、選択したユニットのパワーを得る効果ですね。
選択さえできれば、レスト状態にできなくともパワーは吸えそうですね。

 

概ね前列の2体を選択してパワー+18000~23000
CB①でパワー25000以上のユニットになれるので、CB効率は恵まれたフォースのパンプ効果を凌ぐほど大きいですね。

 

ただ、素のパワーが極めて低く、アタッカーとして運用する為には攻撃する度に毎回このユニットにCBを消費しなくてはならないのが困りものです。
パンプ値が高く、悪くはない効果ですが、流石にここにだけCBを注ぐわけにもいかないので扱い難い印象ですね。

 

レスト状態にする効果も、これ単体では特に意味のない効果なので、他のユニットとのシナジー次第です。
まぁ、レアリティがCですし、メガコロニーのユニットなので何の意味もなくレストさせましたと言い出しかねないので期待はできませんが、一応、意味があると思っておきましょう。

 

■総括

CB消費こそ必要ですが、優秀な自己パンプ効果を搭載したG2ユニットです。

 

概ねパワー25000のユニットとして扱えますが、素のパワーが低く、アタックを行う為にはCB消費がほぼ必須なので、やや使い難い感は否めません。
メガコロニ―のG2帯なので今の所採用圏内ですが、これよりもマシなユニットも追加されるでしょうし、無理に使う程ではないかなと思います。

ヴァンガード 今日のカード「オフェンシブ・パンター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはEB09「The Raging Tactics」「オフェンシブ・パンター」です。
G1が先駆するようになりましたか。

f:id:harvestfiesta:20190808113655j:plain

評価:4/5

■ブースト時微パンプ&1:1交換

なかなか優秀ですね。
他のフォースクランであればパンプ値はもう少し盛られていたのではないかと思わずにはいられませんが、緩い条件で序盤から1:1交換を行えるのは偉いです。
このユニットを消費してしまいますが、かなり緩い条件でドローできるので、ライド事故回避や、メインに狙って乗りたい場合の一助になるでしょう。

 

問題はSB①を消費する事ですね。
順当ライドでG0⇒このユニット⇒G2と乗って行った場合、疑似先駆でソウルからこのユニットを[R]に出したら残りのソウルはG0のみです。
《スパイクバウンサー》等、SBを必要とするユニットに乗ってしまうと、折角の効果がどちらか一方しか使えません。

スパイクブラザーズは自身をソウルへ送効果も多いので、然程使い難い効果だとは思いませんが、やや足枷に感じますね。

 

■疑似先駆

旧版のFVを[R]にコールする効果、《先駆》のG1版です。

ソウルは減ってしまいますが、ノーコストで1アドバンテージを得られる優秀な効果ですね。[R]にコールされたこのカードもブースト要員として優秀なので言う事ありません。

 

■総括

先駆とブースト時1:1交換を持った優秀なG1ユニットです。
このカードにライドできさえすれば、1アドバンテージが約束されている点、必要とあれば1:1交換の弾にできる点が良いですね。

スパイクブラザーズには優秀なG1が3種は存在し、このユニットの枠を捻出する事が難しそうですが、既存の枠を奪い得る優秀なカードだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「ナンバー・オブ・テラー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「ナンバー・オブ・テラー」です。
フレーバーテキストと効果が噛み合っているユニット、初めて見ました。

f:id:harvestfiesta:20190807104310j:plain

評価:3/5

■倍バアル

条件も効果も2倍になった《死魔公爵 バアル》ですね。
スタンのダークイレギュラーズはソウル集積能力に乏しいので、10枚条件はそれなりに厳しいものですが、それに見合ったパンプ値をしているので効果としてはまずまずだと思います。
二段階方式で小分けにパンプしてくれた方が使い勝手が良いのですが、まぁダークイレギュラーズのカードですからね。

 

ダークイレギュラーズは[R]の火力不足が深刻だったので、多少扱い難くても大幅なパンプが見込め、[R]の火力不足解消に貢献してくれるのであれば、選択肢としては悪くありません。

 

■[R]を吸って2枚引く

[R]1体をソウルに置くことで2枚引けるので、1枚分の得ですね。
ソウルを溜める為に引きたいので、10枚のソウル条件でのドローはだいぶ遅いのですが、それでも優秀です。


コストとして[R]を消費するので事実上手札1枚を消費していますが、処理する先はソウルなので無駄にはなりませんし、CBを消費しない点も良いですね。

 

■総括

《死魔公爵 バアル》に代わる「ダンタリアン」軸のサブ[V]です。

 

《死魔公爵 バアル》と比べると条件が重くなった代わりにパンプ値が倍になり
相手の[R]に触る効果を失い、ハンドアドバンテージを稼ぐ効果を得ています。

他の軸にも入るかどうかは微妙な所ですが、「ダンタリアン」軸であれば無理なく投入できる性能をしていますね。

週刊ヴァンガ情報局 「デンジャーランジ・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはBT06「幻馬再臨」最後のRRR「デンジャーランジ・ドラゴン」です。
引っ張ていた割には地味で、何故今日まで隠したがったのか理解できません。

f:id:harvestfiesta:20190806232223j:plain

評価:3/5

■[V]登場時ドロップからG2を回収

自軍[R]を退却させる効果の多いシャドウパラディンに、ドロップゾーンからカードを回収する効果が追加されるのはありがたいですね。

 

ただ[V]効果である事が難点です。
折角効果②が[V/R]なのに、肝心の回収が[V]限では使い勝手が大きく変わってしまいます。
理想としてはライドしてソウルへ入った《ブラスター・ダーク》をコストにこの効果を使い、そのままドロップゾーンから回収する動きを想定しているのでしょうが、サーチ効果に乏しいヴァンガードの世界で各デッキの理想的な展開を毎回できる方がおかしいです。見た目とフレーバーに反して夢見がちなんですね。

 

G2であれば、《ブラスター・ダーク》に限らないので、他のユニットを拾う方が有益かも知れません。

 

■劣化ウォーターフォウル

初期かげろうのフィニッシャーだった《ドラゴニック・ウォーターフォウル》の効果を[V/R]でも使用可能にした代わりに、フォース3枚以上と言う重い制約を課せられた効果です。

 

効果自体は強力ですし、これが[V/R]で使用できる点は偉いのですが、これを普通に振り回せそうな「モルドレッド」軸は自身の効果だけで十分にフィニッシャーとしての役目を果たせますし、既存の「ファントムブラスター」軸も同様にフィニッシャーは事足りています。
強いけれどやや身の置き場がありませんね。

 

■総括

引っ張った割には地味で、これじゃない感が強いシャドパラ最後のRRRです。

 

安定して《ブラスター・ダーク》を出したいのであれば、7枚見てサーチよりもさらに不安定なドロップ回収は少々的外れな効果ですね。
あれで安定させられるのはグランブルーだけです。

効果②も無理なく使用できる「モルドレッド」軸には過剰火力。
既存の「ファントムブラスター」では、そもそも起動すら覚束ない。

 

効果は然程弱くはありませんが、同にも痒い所に手の届かない、ピントのズレたユニットです。
どうせなら、自身の名称を《ブラスター・ダーク》に書き換える効果も付けて欲しかったですね。
どうやら最適な相方は存在しないようなので、もういっそ「モルドレッド」軸はG3は、4枚のみで良いかも知れません。

ヴァンガード 今日のカード「詭計の撃退者 マナ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「詭計の撃退者 マナ」です。
かつては優秀でしたが、今は見る影もありませんね。

 

f:id:harvestfiesta:20190806121630j:plain

評価:1/5

■登場時退却効果&自己パンプ

スタン開始当初のかげろうのような性能ですね。
「モルドレッド」軸であれば、然程CBを消費しないので入れようと思えば入れられそうです。

 

しかし、任意退却にしてはコストが高いですね。
或いは現環境であればパンプ値が倍であっても良かったと思います。
微妙過ぎて、言う事がありません。1年目に出てくれば活躍の場もあったでしょうが、今更出てこられても困ります。

■総括

昔のかげろうのような効果を持ったRRです。
この性能でRRとは、驚きですね。

 

任意退却と自己パンプ効果を持つので、ある程度何処であろうと採用できなくはありませんが、焼きがこのカードしかないのに1体対象の任意退却では効果が薄いので出来れば広域を焼けるデッキに採用したいのですが、そうなると「ファントムブラスター」しか無く、そこにこのユニットを入れるようなスペースがないというジレンマです。

 

然程強くもありませんし、わざわざ使う事もないカードだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「ミラクルポップ・エヴァ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「ミラクルポップ・エヴァ」です。
懐かしのブレイクライドのリメイク…は良いのですが、銀のでもワーカロイドでもないユニットをこのタイミングで入れるな。
年に1回しか強化されないのだから、どの軸にも問題なく入れられるものを寄越せ。
あと、シャドパラ無駄に引っ張り過ぎ。その手法にはもう飽き飽きです。


f:id:harvestfiesta:20190805104423j:plain

評価:4/5

■ソウルから登場時1ドロー&SC①

効果は便利ですね。
スタンのペイルムーンにはソウルを消費するユニットも多いので、繰り返し使用できるSC要員の追加はありがたいです。
条件もソウルから登場した時、自身の[V]がG3ならと非常に緩く、ペイルムーンであれば繰り返しコールし同一ターンに複数回起動する事も可能でしょう。

 

さらに1ドローも付いている点が偉いですね。
アクセルクランは基本的にリソースが薄く、ペイルムーンもその例に漏れず手札供給能力は壊滅的でした。
このユニットをコンスタントにソウルから呼び出す事ができれば、アクセルⅡを使う事なく手札供給を賄えそうです。

 

■疑似ブレイクライド

LBではなくなったのでブレイクライドとは呼べませんが、それを踏襲した効果ですね。
個人的には旧版の[R]をソウルに入れて出す効果の方が好みでした。
リメイク版ではペイルらしいソウルを絡めた効果を失い、代わりに手堅く1ドローを得ています。
10000パンプとセットで付いてくる効果としては面白みはありませんが、優秀ですね。
CBを支払った分がきちんとアドバンテージとして帰って来ていて好感が持てます。
ペイルムーンをはじめ、一部クランのユニットはレアリティに関わらず、コストを払ったのに相応のリターンすら貰えないユニットが散見されるので、そうならずに済んだだけでも重畳です。

 

■総括

[V]効果を持たないサブ特化のG3ユニットです。
CBを支払っても1:1交換が関の山だったペイルムーンにとっては、条件付きとは言えノーコストで1ドローできると言うだけでかなり優秀なユニットです。
残念ながら「銀の」でもワーカロイドでもない為、今回の追加カードとは噛み合いませんが既存のデッキでは十分に活躍が見込めそうです。

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第20話「至高の芸術家」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

あれ、普通に面白い。
今週はこれまでで一番面白かったです。こう言うので良いんだよ。

 

・トワ

1話も掛からず一瞬で馴染んでしまい、あっさりと忘れ去られた初期設定に沿っていて良いですね。
アバンでメルトにちょっと増長している所をやり込められ不貞腐れたり、そんな状況でも子供見捨てられないので優しくしたり、ワイズルーを出し抜き皆を助けた後メルトに軽口を言いちょっとした意趣返しを忘れない、本来のトワらしい生意気な少年キャラが戻って来て良かったです。

 

・今回のクレオンとワイズルー

この二人はいつも楽しそうですが、今回は特に生き生きしているように感じました。
クレオンが捕獲したリュウソウジャーをやたらと煽っていましたが、ああいう場面を見るのも久しぶりな気がします。
短い期間でしたが、ガチレウスの配下だった頃はこう言うシーンもないブラックさでしたからね。

 

ワイズルーも今回出番多めで、わざとトワを無視し、カナロの元へ案内させる地味クレバーなムーブや、巨大な自画像と褒め合う自画自賛のワイズルーとか、コミカルで良かったです。中の人のお陰か、何やっても面白いのがズルい。

 

アクション

・スーツ

6人での名乗り、良いですね。
今回の変身はワッセイのないバージョンだったので、個人的には大満足です。カッコ悪く冗長になるだけのワッセイは無かった事にして、常にこの感じにすると良い。

 

雑魚戦時の連携も良かったです。
アバンを受けてのトワのカタソウルとメルトのハヤソウルでの連携
以前、糞みたいな雑な使われ方をしたミストソウル&ビリビリソウルのコンボも絵的に納得できる物で、こう言う形で活躍するのであれば面白みのないソウルの粗製乱造も多少は納得できます。
話の流れ的にもトワ1人で出来る事から、仲間とともに出来る事に繋げる形になっていて巧いですね。
こう言うものが見たかった。これで良いんだよ。

 

 

 

ヴァンガード 今日のカード「深魔幻皇 ブルブファス」「ヴェアティーゲル・イェーガー」「ヴァリアンツ・ハ―ドレッグ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「深魔幻皇 ブルブファス」「ヴェアティーゲル・イェーガー」「ヴァリアンツ・ハ―ドレッグ」です。
ティーゲル、色指定間違ってません? なんでピンクなの。

f:id:harvestfiesta:20190802104415j:plain

評価:5/5

■山札から任意のカードをサーチ&ソウルイン

何故この効果を今日まで必死に隠蔽し、長々と引っ張ってきたのか理解できない、奇抜さに欠ける効果ですが優秀ですね。

効果②でソウルにG3を2枚要求されますが、再ライドを挟むことなく、即座にこの効果で準備を整えられる点が偉いです。
また任意のカードを手札に加えられるので、詰めのタイミングで《ホープ・オン・ダンプ》や《ヴァリアンツ・ハ―ドレッグ》をサーチでき、その気になればガード制限を二重でかける事も可能になる所も良いですね。

CB①を消費して手札1枚とソウルが最大2枚増える効果なので、枚数的には1枚分のアドバンテージを得るだけに留まっていますが、単純な1コスト=1アドバンテージの効果はダークイレギュラーズでは貴重です。
《ディメンジョン・クリーパー》、《エンブレム・マスター》がCB①を支払いSC③を行っているのに比べれば、こちらの方が優秀な効果とさえ言えます。

 

■焼き&パワー・☆吸収

アドバンテージを取りながら自己パンプと☆増加を行えます。
使用条件がかなり重いですが、こちらの効果も優秀ですね。

普通に撃ってもパワー+9000と☆+1程度はほぼ保証されていますが、特に対フォースクランでは活躍が見込めます。
相手がフォースⅡを張っている場合、そこを狙えばフォースの増加分と合わせて☆+2が狙えまし、それ以外の永続パンプ効果もきっちりと徴収できます。

フォースの中でも「ガンスロット」軸は良いお客さんですね。
《ブラスター・ブレード》は永続効果によってパワー+10000されていますし、フォースⅡを置いてくれるかもしれません。
残念ながら[V]扱いになるのは自軍ターン中のみなので、このユニットの効果では《ブラスター・ブレード》の☆増加効果は吸えませんが、高確率で永続パンプを受けたユニットが場に出ていると言う意味で非常においしい相手です。

また退却させるユニットは味方も選択できるので、状況如何では程良くパワーの上がった《ドリーン・ザ・スラスター》等を退却させるのも面白そうです。

 

■総括

何をするにもソウルが一定数以上溜まっていなければ動けなかったダークイレギュラーズに降臨した、ソウルを溜めなくても動けるスーパーイケメンです。

このカードをメインにしても良いですし、《ノーライフキング デスアンカー》の疑似スタンド効果からこのユニットに乗ってフィニッシュを決める役でも良い。
ダークイレギュラーズであれば何処に入れても問題ないカードです。
これまでのカードは査定が低かったので、このぐらいであれば既存カードを押し退けるに足る性能でしょう。

 

f:id:harvestfiesta:20190802104423j:plain

評価:3/5

■退却時ソウルイン

コストが必要とは言え、退却時にソウルに入る所は偉いですね。
効果②がソウルで発動する効果なので、噛み合ってはいます。

ただSC①を行うのにCB①を支払うのは、やや割高ですね。
10000シールドと1ドローを含めれば、特なので十全に動けばCB①以上の価値が有ると言う感じです。

 

■[R]を効果で退却させた時1ドロー

自身のカードの効果で相手の[R]を退却させた時、ソウルのこのユニットをバインドする事で1ドローを行う効果ですね。

効果での退却は《深魔幻皇 ブルブファス》や《媚態のサキュバス》が行えるので、然程無理なく発動できそうですね。
ソウルのカードが減ってしまいますが、ソウル1枚で手札が1枚増えるのであれば許容範囲だと思います。
自身の効果や、《深魔幻皇 ブルブファス》、《エンブレム・マスター》である程度は狙ってソウルに仕込む事も出来ますし、悪くはありません。

 

■総括

退却する自信をソウルへ置く効果と、自身をソウルからバインドし1ドローする効果を持ったG1です。
効果は悪くありませんが、ダークイレギュラーズのG1帯は既にほぼ埋まっているので採用は難しそうです。

《深魔幻皇 ブルブファス》をメインに据えた場合のみ、ソウルの枚数に拘る必要がなくなる為G1の配分が変わり、このカードを入れるスペースもあるかも知れません。

 

f:id:harvestfiesta:20190802104430j:plain

評価:4/5

■3枚以上でしかガードできない

ソウルに同名カードが3枚以上あるユニットを3種と非常に重い条件ですが、ターン持続でガード制限をかけられる優秀なユニットですね。

手札の消耗を強いる効果なので、アタック回数の増える《ノーライフキング デスアンカー》や、《五大元素の支配者》との相性が良いです。
《エンブレム・マスター》、《深魔幻皇 ブルブファス》でソウルを整え、このカードの起動条件を満たし、《ノーライフキング デスアンカー》の効果から《深魔幻皇 ブルブファス》に乗り直しフィニッシュを決める形でしょうか。

効果は優秀ですが、制限が厳しい点がネックですね。
同名3枚以上とソウルの質を要求する為、既存のとりあえず数を増やすSCは合わないかも知れません。

 

■総括

枚数を指定し消耗を強いるタイプのガード制限です。
3枚以上指定と強力ですが、相応に条件が厳しく、既存のダークイレギュラーズでは条件を満たす事が困難である点はネックですね。

とは言え、新規カードである程度フォローされているので、条件の厳しさを加味しても採用されるであろうカードです。

ヴァンガード 今日のカード「酷烈の騎士 ダブドレン」「厳酷の魔道士 マース」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「酷烈の騎士 ダブドレン」「厳酷の魔道士 マース」です。
またシャドパラか。

f:id:harvestfiesta:20190801104846j:plain

評価:1/5

■1ドロー&自己パンプ

相手の[R]が2枚以下の時、CB①支払い1枚引き、パワー+10000する効果です。
[V/R]で使用できますし、CB①消費で手札1枚とおまけでパンプがついているので効果自体は悪くありませんね。

 

問題は相手の[R]数を指定する条件です。《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》は焼きがメインにはならないので、多くの場合バニラ化して使い難そうです。
シャドウパラディンでこの条件を満たせそうなのは既存の《ファントム・ブラスター・ドラゴン》の方ですね。

■総括

書いてある事はそこそこですが、ほぼほぼ使われないであろう枠潰しです。

 

今回のメイン、《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》とは噛み合わないのでサブには向きませんし、《ファントム・ブラスター・ドラゴン》のサブにこのカードを入れるような枠もありません。
Gが違ったらとか、他のクランならと思わせてくれる惜しいテキストですが、シャドウパラディンにはお前の席ねぇです。

 

f:id:harvestfiesta:20190801104859j:plain

評価:2/5

■雑な手札増強効果

このユニットが相手の[V]へアタックした時、相手の[R]がいない場合、CB①支払い2枚引き、自分の[R]を1体退却する効果ですか、なかなか良いですね。

 

自軍退却を含む効果なので1枚分のアドバンテージを得ているだけですが、山札をその分掘れますし、自軍退却効果は《ガスト・ブラスター・ドラゴン》で活かせます。
ただ、[V]が《ガスト・ブラスター・ドラゴン》で、[R]にこのユニットがいる状況となると、誰が相手の[R]を空にするのかと言う問題があり、あまり噛み合っていないのが残念です。

 

■総括

雑な2ドロー効果を持った枠潰しです。
効果はそこそこ優秀なので、前提条件さえ満たせれば相応の働きはできると思います。

 

ただシャドウパラディンのG2帯は枠が厳しいので、あまり使い易いとは言えないこのカードを差し挟む余地があるかどうかは、微妙な所です。

ヴァンガード 今日のカード「忍妖 オーガスパイダー」「万余の忍鬼 サンジー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「忍妖 オーガスパイダー」「万余の忍鬼 サンジー」です。
弾切れのようですね。

f:id:harvestfiesta:20190731105236j:plain

評価:1/5

■自身のユニットの数ドロー&[R]のパワー変更

これは勿体無い。
タイミング間違えてませんか?
コストこそ膨大にかかりますが、大量ドローと大幅パンプが見込める効果自体は良いですね。

 

ただタイミングが登場時なので、ライドフェイズまでに[R]の数を揃え、[V]登場時にパンプを行わねばなりません。
ざっと見た限りでは解決策がなさそうなので、概ねパワー12000に均す効果にしかなりませんね。残念です。

 

これが起動効果であれば、パンプを重ねて膨らませたパワーをコピーできたものを。

 

■総括

ネタにもならないネタ枠ギフトなしG3です。

 

場のユニットが全てパワー12000になるので、ブースト込であれば要求値を引き上げられ、無駄ではありませんね。ドロー効果の方も相手次第では大量のドローが見込めます。引ける枚数次第では膨大なコスト消費に見合うかも知れません。

 

まぁ特殊な事情がない限り、《侍大将 HYU‐GA》&《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》のコンボの方が遥かに効率的です。

 

f:id:harvestfiesta:20190731105243j:plain

評価:4/5

■自身と同名ユニットがいる場合自己パンプ

《侍大将 HYU‐GA》の名称変更と相性の良いパンプ効果ですね。

 

素のパワーが7000と低い点がややネックですが、普通にこのユニットを2体並べるだけで解消できる問題ですし、コストを必要としない永続効果なのも偉いです。

 

■総括

C枠にしてはかなり優秀ですね。

 

条件付きですが、ノーコストでパワー12000やパワー17000になれるのであれば十分でしょう。
既存のデッキには枠がないかも知れませんが、《侍大将 HYU‐GA》を使うのであれば優先して良いカードです。

週刊ヴァンガ情報局 「幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム」「虚空の撃退者 マスカレード」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今回の情報局公開カードはBT06「幻馬再臨」収録「幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム」「虚空の撃退者 マスカレード」です。
シャドパラも漸く公開されましたね。で、ダクイレはいつまで引っ張るの?


f:id:harvestfiesta:20190731085345j:plain

評価:4/5

■《ブラスター・ダーク》を出した時フォースを獲得

《孤高の騎士 ガンスロッド》の永続パンプと対になる効果ですね。
位置は特に指定されていない為フォースⅠを[V]に振って火力不足を補う事も出来ますし、その気になればライドと併せ1ターンでフォースⅡを3つ並べる事も出来ますね。

 

効果②でスタンドした《ブラスター・ダーク》はパワー+10000のパンプを受けられるので、パワーをそちらに頼ればフォースの選択はある程度自由も利くので便利な効果だと思います。

 

■《ブラスター・ダーク》をスタンド&パンプ

このユニットのアタック後に《ブラスター・ダーク》をスタンドする効果です。
これまである程度は遠慮していたフォースクランでの連続攻撃を、非常に軽いコスト、緩い条件で行えます。一部のアクセルは泣いていい。
この効果によって[R][R][V][R][R]で最大5回攻撃となり、その全てにフォースが乗っている状態にすることもできますね。

 

欠点も概ね対になる白い方と同様ですね。

まず自己パンプを持たないので、このユニットのパワーラインはともすればG2の《ブラスター・ダーク》以下になりかねない点。
この部分はフォースを複数獲得できる自身の効果である程度フォローできますが、少々使い難いですね。

 

またどちらの効果も《ブラスター・ダーク》に依存しているので、《ブラスター・ダーク》が無ければバニラですし、肝心の《ブラスター・ダーク》を引き込む術も運任せ、他人任せです。
《虚空の撃退者 マスカレード》でのサーチや各種ドロー効果である程度フォローはできますが、今迄特にホモ営業してこなかった男優が急にホモ営業を始めるから、周りのサポートが足りていません。

 

さらに《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》固有の欠点として、相方が[R]の《ブラスター・ダーク》である点も気に掛かります。
《ブラスター・ブレード》のように☆が増えるわけでもなく、任意に焼けるわけでもないので、あちらと比べると見劣りしますね。

 

■総括

ガンスロットの黒い版です。

 

フォースの査定で[R]スタンドを行えるだけでもかなり優秀ですが、そこに雑な値にパンプとギフト獲得まで付いているのですから、だいぶヤバいです。
固有名称指定された《ブラスター・ダーク》が、[R]としてはスペックが低い為片手落ちですが、それでも十分に強力な効果を備えたカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190731085356j:plain

評価:4/5

■登場時不確定サーチ

登場時に《幽幻の撃退者 モルドレッド・ファントム》か《ブラスター・ダーク》をサーチできる効果ですね。
コストとして[R]を1体要求されますが、場のユニットが[V]のこのユニットのみであれば踏み倒せます。
その場合は素直に1枚分のアドバンテージをノーコストで得られるので強力ですね。
また、成功報酬なのでサーチに失敗したうえに[R]まで失うような事態にならずに済む点も偉いです。

 

■雑パンプ

ついでのように付いているパンプ効果です。
これでVRかぁ…。ここまでやってもRRR相当でしょうに。

 

上昇値が3000と低く、然程役には立ちませんが、フォースクランでの+3000なので必要最低限の仕事は果たせますね。
コストもなく、条件も[V]へのアタックのみなので、腐りにくい点が良いです。

 

■総括

モルドレッド封入率希釈用VRです。
効果的には弱くなった《ミスリルの召喚術士》或いは《竪琴の騎士 トリスタン》と言った立ち位置です。
「モルドレッド」軸では必須だと思いますが、上記二つと比べるとVRでこれかとガッカリしますね。

 

確定サーチで良かったんじゃないかなと思わなくもありませんが、他に選択肢が無いのでほぼ必須です。

ヴァンガード 今日のカード「銀の茨 ブリージング・ドラゴン」「銀の茨の獣使い シェイダ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「銀の茨 ブリージング・ドラゴン」「銀の茨の獣使い シェイダ」です。
順当ではある。順当ではあるが、だったら何故分けたんだ。どちらでも使えるよう「銀の茨」名称持ったワーカロイドにしてくれ。

f:id:harvestfiesta:20190730104009j:plain

評価:3/5

■お手軽連続アタック要員

昨日の奴とは違い、今日のカードはテキストだけならば比較的簡潔ですね。
ソウルに「銀の茨」が4種類以上ある時、ブースト先のユニットをソウルインして、ソウルから「銀の茨」を場に出す効果です。

 

「銀の茨」には現状、これ以外に疑似スタンドを行える連続アタック要素は存在しないので、名称で固めつつアタック回数を水増しできるカードは貴重ですね。

 

問題は異様に重い縛りです。
CB①を消費し、ソウルに「銀の茨」を4種類と枚数ではなく種類で要求し、ブースト先もコール先も「銀の茨」の名称指定が付いています。
これでは迂闊に非名称を組み込めませんし、ここまでやって尚CBを必要とするので《銀の茨の竜使い ルキエ》とのコストの兼ね合いも厳しいものがあります。

 

過去のカードを極力使わせないその手法、流石はブシロードと言わざるを得ません。
遊戯王のテーマと違ってヴァンガードのテーマは組まされている感が強いのが難点です。ユーザーから構築の楽しみを奪うのはやめて欲しいものですね。

■総括

お客様が満足される懸念があり、「銀の茨」以外で使われると僕らが損をしてしまって悔しいので絶対に余所では使わせないぞと言う鉄の意志と鋼の強さを感じる名称専用連パン要員です。

 

「銀の茨」は《銀の茨の竜使い ルキエ》に連続アタックギミックが備わっていない為、[R]でそれを解消する方向のようですね。
コストが競合しておりやや使い難いですが、現状はカードプールに恵まれていませんし、「銀の茨」名称を複数種類必要とするユニットも存在するので、このぐらいのスペックであれば採用しない理由がない、ほぼ必須級のカードだと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190730104017j:plain

評価:2/5

■[G]登場時、他者パンプ

なんですか、これ。
ガーディアンサークルに登場した時、自己ソウルインして、バトル中のユニット1体のパワー+15000する効果で合ってます?

ちょっと迂遠な書きかたをしたガード札っぽいです。
いや、要らないだろう。なんでこんなプロテクトのカードみたいなものがペイルに?
少し前にクランタイプをギフトで別けたんですが、ブシロードくんは忘れちゃったのかな。

 

自身のアタック時にガーディアンをコールできるようなカードがあれば、詰めの一押しになれますね。
それ以外だと非常に制約のキツイガード札です。
一応ドロップゾーンへ落ちずにソウルへ行くので、ソウルの「銀の茨」の種類を増やす一助にはなれます。
またソウル4種には自信を含むので、ソウルを消費していなければ順当ライドするだけで条件を満たせます。

 

■総括

イラストのかわいいカードですね。
上のブサかわいい蜥蜴よりも、こっちを使いたいのですが、世は無常です。

 

アクセルに似つかわしくない、随分と防御的な効果を持った不思議なユニットです。
G2にしてはパワーも8000と低いですし、制約も「銀の茨」4種と最大級にキツイので、「銀の茨」以外では使えませんね。
現状のカードプールでは採用せざるをえないが、拡張される事があれば抜けていきそうなカードです。

6月発売 おすすめ美少女ゲーム ベスト3

ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ルネよ…どうしてこうなった。

 

※所謂エロゲーについての話題なので、苦手な方、18歳未満の方はブラウザバックでお戻りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DEAD DAYS (CLOCKUP)


Amazon/駿河屋/FANZA

 

 

〇評価
シナリオ:3/5
イラスト:3/5
音声音楽:5/5

 

〇感想

シナリオ、キャラクター、音楽、どれも良い出来でした。
特にキャラクターが非常に良く、テンプレ継接ぎ設定を気にせずプレイさせてくれる素晴らしい奇人変人共でした。
値段の割にはボリュームが不足気味ではありますが、その分サクッとプレイできるのでよしとしましょう。

 

お兄ちゃん、朝までずっとギュッてして! 夜までもっとエッチして! (Tinkle Position)


Amazon/駿河屋/FANZA

 

〇評価
シナリオ:3/5
イラスト:5/5
音声音楽:4/5

 

〇感想

いつも息子がお世話になっております。
Tinkle Positionさんの妹ゲー。前作の続き、本編のハーレムルートのその後から始まるファンディスクです。
前作では描き切れなかった妹たちの新たな一面を描写し、キャラを掘り下げてくれる前作ファンであれば満足できる作品です。

 

月の彼方で逢いましょう (tone work’s)


Amazon/駿河屋/FANZA

 

 

〇評価
シナリオ:3/5
イラスト:4/5
音声音楽:5/5

 

〇感想

tone work’sさんの新作ですが、少々いつもとは毛色が違います。
メイン3キャラについては粗削りながらも評価できる素晴らしい出来になっていますが
反面、残りの4キャラについては少々残念な出来です。
全体的には良くまとまっていると思いますが、これまでのtone work’sさんとは趣の違った作品なので、過去作を指標に今作を買うと後悔するかも知れません。

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第19話「進撃のティラミーゴ」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

・ティラミーゴ

何故このタイミングでティラミーゴのお当番回なのでしょう。
普通に三人をメインにしても問題のない話でしたし、メインキャラ同士の描写に乏しく、関係性をきちんと描けてもいない状態で、マスコットをメインにしたお話とか必要なかったと思います。

 

そもそも、これ公式設定?
ティラミーゴは拠点内に姿が見えない事も多々ありましたが、まさか普段から人間と交流をしているとは…。
あの世界の地球人類的には、あの機械だか生物だか解らない言葉を喋る何某かが闊歩しているの状態はOKなんですか?絶対騒ぎになる奴やん。
街に馴染み過ぎていて、馴染んでいる事に違和感しか感じません。

 

さすがに学校へ侵入したら通報する方が自然ではないでしょうか。
特に今回はルールに煩い先生が出てきたので、退去を促されたり通報されたり騒ぎになる要素しかないのに、何故許されたのか。

 

折角ティラミーゴにスポット当たったのに、メルトが嫌われている理由もよく分かりませんでしたし、この話なんなの?

 

・良い考え

競歩で移動する程度ならメルトが思いついても良いはずなのに、また解決策を人から提示されてしまいましたね。叡智の騎士とは一体何だったのか。

 

職員室から引っ張り出すのも、ただの力技で意味が分かりませんでした。
それで良いのであれば誰がやっても同じですし、何をやっても問題ないのでは?
それこそ職員室ごとマイナソーを吹き飛ばしてしまえば敵も倒せますし一挙に全て解決します。
巨大化して暴れるよりは被害も少ないでしょう。

 

クレオン&ワイズルー

いきなり給食食べているとは、インパクトのある登場をしますね。
ティラミーゴが好き放題やっているせいで今回はやや薄かったですが、自由気侭にモラルもルールもなく振る舞う様は悪役らしくて良いです。

 

フルーティーだったのか。

 

何気にガチレウスが上司になって以降タンクジョーの事を見直したのか、度々話に上がりますね。
過去の幹部をネタに使っていく姿勢、大切にしよう。
たまにはガチレウスの事も思い出してあげてね。

 

マイナソーの成長を促進する為に目の前でルール違反を繰り返し、ストレスを与える手法もコミカルですが今後も使えそうな設定で良いですね。
毎回そうすれば良いのではなかろうか。

 

オチのワイズルーも良かったです。
生み出せるようになっただけで、マイナソーを制御できてるわけではないからね。
ドルイドンも影響を受けるのは当然の帰結です。

 

・水没王子

カナロの通信だけ水没が必要とか、過酷すぎませんか?
今後、秋冬にも毎回水に浸からなければならないのであれば、役者さんが不憫でなりません。

 

あと勝手にプールに入るな。完全に不審者だぞ。
リュウソウ族は水陸に関わらず、碌なのが居ませんね。

 

前回の反省を生かして指輪のチェックをするところは良かったと思います。
こう言う細かい積み重ねを忘れない姿勢、大事。
その累積がキャラクターを形作るのです。
どこぞのライダーのように先週の設定が今週は消えているような状況は歓迎できませんからね。小さな積み重ねを大切にしていきましょう。

 

・トワ

犬好きなんですね。ケルベロスの時の彼女、どうなったの?
積み重ね、大切にして下さい。

 

小さなお友達に北の国からは通じないと思います。
流石にネタが古いです。

 

閉じ込められた時の子供への態度も相まって、今週のトワは良かったです。
この上がった株が次週下がるのかと思うと、もうね…。

 

アクション

・スーツ

バンバさんは生身でもスーツでも、威風の騎士と言う異名に反して軽快な動きをしますね。あの高さから飛び降りながら斬り付けてくるとは思いませんでした。

メルトのお当番回でもあったようで珍しく一人で戦っていましたが、今回のアクションは良かったですね。
あの如何にも使い難そうなオモソウルの鎖付きハンマーを器用に使いこなしていて感心しました。
制御の難しいあの手の武器を巧く画角に収めつつ、カッコイイポーズを付けるのですから、外から見る以上の苦労があった事でしょう。
動きも綺麗ですし、久々のメルトの活躍シーンと言う事もあって非常に良かったです。

 

・ロボ

今回もギガントキシリュウオーでの戦闘ですね。

人数が欠けた状態での合体は特別な理由がない限りはあまり歓迎できないのですが、動きは良いですね。

ロボ戦とは思えない軽快な動きでのキックは見応えがありました。

 

次週はトワのお当番回のようですが、予告の時点で不安です。
どうなるかな。

 

 

 

【ポケモンカード】「ドリームリーグ」収録カード評価


Amazon/駿河屋


少々遅くなりましたが、今回も新弾の考察を進めて行きたいと思います。
火曜日は色々あるので、今日しかありません。

〇草

ナゾノクサ

評価:1/5

既存の同名カードにこちらよりも優秀なカードがあり、こちらを選択する理由がありません。

 

クサイハナ

評価:3/5

1エネ起動で確定[ねむり]状態にできるワザが優秀ですね。

 

ラフレシアGX

評価:2/5

回復効果を持つ特性はなかなか優秀ですね。
保有ワザもダメカンが乗っていなければ2エネで180点の火力と優秀です。
ワザの制限の都合上殴り返しに弱い点をフォローできれば活躍できそうです。

 

〇炎 

マグマッグ

 評価:3/5

1エネ起動で確定[やけど]は悪くありませんね。
選択肢も少ないので十分採用圏内です。

 

マグカルゴ

評価:2/5

1エネ起動の山札破壊ワザを持ちますが、進化してこれでは流石に力不足です。

 

コータス

 評価:2/5

1エネ起動でトラッシュからエネルギーを4枚サルベージできるので《炎の結晶》の上位互換と言えなくもありませんが、ワザを撃ってまでやる事ではないと思います。

 

〇水

・ニューラ

評価:3/5

《せせらぎの丘》に対応している為、サーチが容易なのが良いですね。
マニューラ》への繋ぎとしては及第点です。

 

マニューラ

評価:4/5

悪エネルギーでワザを撃てる水タイプのポケモンと言う点が評価できます。
残念ながらワザ威力が足りず、そのままでは《レシラム&リザードンGX》を確殺できませんが、《こだわりハチマキ》まで見れば確殺圏内まで持って行けるので十分です。

 

ポッチャマ

評価:4/5

保有ワザは水エネ3起動で威力もいまいちですが、追加効果が強力ですね。
エンペルト》でコストを踏み倒すデザイナーズコンボを加味すれば優秀なワザので、そちらとのセット運用であれば十分に採用圏内です。

 

ポッタイシ

評価:3/5

100点火力の出せるベンチ狙撃技が優秀です。
1進化なので《ふしぎなアメ》でスキップされる事も多いですが、《エンペルト》でコピーする技候補として悪くないので併せて採用できると思います。

 

エンペルト

評価:4/5

無1エネで起動できる「おもいだす」がユニークですね。
少々火力不足は感じますが《ポッチャマ》の「バブルホールド」を連打するだけで、それなりに強力です。

 

オタマロ

評価:2/5

選択肢が無いので使うのであれば止む無し。スペックは可もなく不可もなく。

 

ヨワシ

評価:4/5

HP180と非GX種ポケモンとしては非常に高い耐久力を持ち、特性によってダメカンが乗った状態では山札に戻る可能性もあるが、相手にサイドを与えないので明確なデメリットで終らない所が優秀ですね。
保有ワザも3エネ起動130点とそこそこに優秀なので、場持ちが悪く少々トリッキーですが優秀なカードだと思います。

 

シズクモ

評価:1/5

既存の同名カードの方が優秀なので、こちらを選択する理由がほぼありません。 

 

オニシズクモ

評価:1/5

進化してこの性能では、わざわざ採用する事の方が稀有でしょう。

 

〇雷

ピカチュウ

評価:4/5

パック収録の「ほっぺすりすり」持ちピカチュウ。それだけで価値が有ります。

 

ライチュウ

評価:5/5

「ほっぺすりすり」を持ちつつ、1エネ起動高火力ワザも保有するエースアタッカー。

 

・コイル

評価:3/5

不確定ながら相手のワザを失敗させ自身の生存率を引き上げられる点がなかなか優秀ですね。一考の価値が有ります。

 

レアコイル

評価:4/5

山札からサポートを3枚サーチできる特性「しょうしゅうしんごう」が非常に強力。
1進化を犠牲にし相手にサイドを1つ献上してしまうが、その価値は十二分にあります。

 

〇超

ソルガレオ&ルナアーラGX

評価:3/5

リーリエがかわいい。
重いエネルギーコストと連続使用できない制限を持つ単純火力ワザと、追加効果で無敵化するGXワザを備えた今回の目玉ですね。
どちらのワザも強力なので、エネルギー管理さえ手を抜かなければ相応に活躍してくれそうですね。
あとリーリエがかわいい。

 

ドガース

評価:4/5

これは面白い。進化の種としても《ホミカ》のコストとしても優秀ですね。

 

マタドガス

評価:3/5

ドガースと同様の特性「ぶっとびボム」持ち。
ホミカ》を採用する場合、《ドガース》だけでは足りないので相応に価値が有り、採用候補にあがります。

 

・ネイティ

評価:3/5

保有ワザ「みらいよち」はなかなか優秀なので選択肢としては悪くありません。

 

ネイティオ

評価:4/5

どちらのワザも優秀ですが、残りHPを10にする「ライフダウン」は特に優秀ですね。
《戒めの祠》と相性が良いので、狙ってみるのも面白そうです。

 

ラルトス
評価:3/5

超タイプになったことで《ミステリートレジャー》対応になった点が大きな変化ですね。足回りが強化されたと言えるので使い勝手は上がったと思います。

 

キルリア

評価:3/5

1エネ確定[ねむり]ワザを持つので、悪くはありません。

 

エルレイド

評価:5/5

超・闘の二タイプになる特性のお陰で広く弱点をつける点が非常に優秀です。
保有ワザも《ダブル無色エネルギー》1つで起動できる120点火力とハイスペック。

 

ミミッキュ

評価:4/5

無色1エネ起動でサポートの効果をコピーできるワザ「なりすます」が超優秀。
概ねエネルギー加速サポートを疑似的に1ターンに2回撃つ動きをすると思いますが、何を使っても強力です。

 

〇闘

イワーク

評価:3/5

無色1エネでトラッシュからエネルギーをサルベージできるワザ「ほりあてる」が優秀。《トリプル加速エネルギー》が使い易くなりますね。

 

モグリュー

評価:3/5

トラッシュから任意のカードを山札に戻すワザ「たがやす」がなかなか優秀です。

 

ドリュウズ

評価:3/5

条件を満たせば1エネ180点火力の「どたんばタックル」、1エネ120点火力の「ドリルバズーカ」、どちらも優秀ですね。
この性能であれば《ユニットエネルギー》を噛ませて出張も視野に入りそうです。

 

ガマガル

評価:1/5

1進化のこのポケモンをバトル場に立たせて、進化後の準備にワザを撃つと言う動きが既に弱い。

 

ガマゲロゲ

評価:1/5

2進化ポケモンで「じならし」、4エネ起動の「わななくこぶし」
どちらも迂遠で使い難く、わざわざこのカードを採用する理由にはなりえない。

 

〇鋼

ハガネール

評価:4/5

手札からトラッシュした逃げエネ4のカードの数*50点の火力を出せる「どっすんフォール」が面白い。
逃げエネ4はサポートも揃っていますし、専用構築で組みたいと思わせる良いカードですね。

 

〇妖

・ピッピ

評価:2/5

ダメージを与えつつ《リーリエのピッピ人形》を使用できるワザがユニークだが、エネルギーが重く《リーリエのピッピ人形》を握っておく必要がある為使い難い効果ですね。なにより巧くコンボが動いてもさして強くない事が問題です。

 

〇龍

・レシラム&ゼクロムGX

評価:4/5

二色のエネルギーを必要としますが、エネルギー加速に恵まれた炎・雷対応なので各種パワーカードを無理なく採用でき、保有ワザも優秀なのでデッキのメインとして活躍できそうなカードですね。欲を言えば青天井火力が良かったです。

 

〇無

ヨーテリー

評価:4/5

無1エネで逃げ妨害ができる点が優秀ですね。

 

ハーデリア

評価:1/5

1進化でこれでは採用は難しいです。

 

ムーランド
評価:3/5

きぜつこそ必要ですが、1体で最大2回分のエネルギー破壊が行える点はなかなか優秀です。2進化ポケモンを消費してまでやる事かは微妙ですが、悪くはないともいます。

 

・タイプ・ヌル

評価:3/5

エネルギーをトラッシュしてしまうとは言え、進化元が1手で出せる火力としてはなかなか優秀ですね。選択肢にはなり得ると思います。

 

シルヴァディGX

評価:4/5

自分から殴る事も十分に考慮に入れられる性能の置き物です。
1進化でこれであれば、かなり優秀ですね。無タイプでワザも《ダブル無色エネルギー》に対応しているので、色々なデッキに採用が見込めると思います。

 

〇トレーナーズ

スイレンの釣竿

評価:2/5

グッズを再利用可能になる珍しいカードですね。
そこそこ優秀だと思いますが、山札に戻すだけなので即応性に乏しく使い難いです。

 

・リーリエのピッピ人形

評価:3/5

サイドを与えないポケモンとして場に出せ、不要になれば山札に返せる点が非常に優秀です。

 

・イツキ

評価:3/5

次に投げるコインの結果を操作できるユニークなカード。
当然単体では役に立ちませんが、様々なコンボに活用できそうです。
ネイティオ》の「ライフドライン」が確定で決まるだけでも結構ないやらしさだと思います。

 

・Nの覚悟

評価:2/5

ドラゴンタイプ専用のエネルギー加速ですが、ランダム要素が強く使い難いですね。

 

ホミカ

評価:4/5

構築を非GXポケモンに寄せるだけで簡単に使用できる高効率ドローソース。
デザイナーズコンボのある今弾の《ドガース》以外にも、非GXをメインとするあらゆるデッキに無理なく採用できる優秀なカードですね。

 

・メイ

評価:5/5

安易な条件で山札から複数種類のカードをサーチでき、非常に優秀ですね。
こう言うカードがポンポン出る辺り、ポケモンカードはヤバイ。

 

・ヤーコン

評価:4/5

1手で大量のグッズを抱え込む事ができる不確定サーチ。
自分のデッキを削ってどの程度グッズが落ちるかは場を見れば解る事なので、スカの心配なく使用できる点が優秀ですね。

 

・リーリエの全力

評価:3/5

非常にかわいいし、4枚引ける点も非常に優秀ですが、揺り戻しが相応に痛いですね。
弱くはありませんが、サポート枠をこのカードに斬るのは勿体無いかも知れません。
デメリットをフォローできる状況を整えておかなくては撃ち難い、使い時を選ぶカードです。