イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやポケモンカード等TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです。主に今日のカードをスタンダード環境下でデッキに採用可能か否かを考察し、1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「督戦の撃退者 ドリン」「魁の撃退者 クローダス」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「督戦の撃退者 ドリン」「魁の撃退者 クローダス」です。
おや、二人ともグレードが上がっていますね。クローダスがFVかなと思っていたのですが、これがFVでないとなると新規FVは何なのでしょう。

f:id:harvestfiesta:20190729104611j:plain

評価:3/5

■登場時自己パンプ&固有名称指定1ドロー

登場時にCB①SB①支払う事でパワー+10000され、さらに[V/R]に《魁の撃退者 クローダス》が存在すれば1枚引く効果ですね。

 

パンプ値がパワー+10000と非常に大きく、容易に28000ラインに届く所が良いですね。
コストは重いですが、1ドローまで含めればコスト相応の働きはすると思います。

 

ただ特にサーチもないのに固有名称指定の追加効果を持ち、追加効果が出ないのであれば支払う気にもなれない過剰なコストを要求する効果である所がネックです。
ホモ運用前提であれば、ケイ&ベティのように片方だけでもサーチ効果程度は付けて欲しいものですね。

 

■総括

使い難くなった《漆黒の乙女 マーハ》です。
然程弱くはないと思いますが、セット運用前提でサーチが無い為G1の枠を相応に割かねばならない点が非常に使い難いです。

 

性能的には入れても良さそうですが、コストと枠がきついので少々難しい感じですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190729104619j:plain

評価:3/5

■CB①消費1:1交換&固有名称指定コストバック

ターン終了時にCB①を支払い、自己ソウルインする事で1ドローできる1:1交換と固有名称指定でCCを行える効果ですね。

 

シャドパラでCBを支払ってまで1:1交換とかしたくないのですが、ソウルが増やせる点は悪くありませんね。
コストバックまで含めれば、CBを消費しない1:1交換なので迂遠ですが優秀な部類に入ると思います。

裁定次第ですがターン終了時に[V]がG3、場に《督戦の撃退者 ドリン》が存在すればドロー効果を使用せずCCのみ行えるようであればより活用の幅が広がりますね。

 

問題は相方同様、こちらも固有名称指定なのに、サーチもサルベージもなく、場に揃える手段が引くのを待つしかない事。
《督戦の撃退者 ドリン》に名指しで指定されているのに、このユニットはソウルへ入って消え得てしまう事。
そしてターン終了時とタイミングが遅い事です。
まるで不遇クランに配られるCCユニットのような性能ですね。

 

■総括

パワーが上がって使い難くなった《アビス・ルーター
或いは1:1交換が付いて使い難くなった《黒の賢者 カロン》です。

 

他のクランであればまだ使い道もあったかも知れませんが、シャドウパラディンのG1帯にこのカードを入れるスペースを作れと言うのは、なかなか難しい話です。
相方同様、弱くはありませんが、G1帯は特に枠が厳しいので既存のシャドウパラディンでの採用は難しいと思います。
現状では新基軸でG1帯の顔ぶれがガラッと変われば採用の可能性もあるかなと言う程度ですね。

ヴァンガード 今日のカード「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ」「忍妖 タンガンニュードー」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ」「忍妖 タンガンニュードー」です。
ヒャッキヴォーグも来ましたね。よかよか。

f:id:harvestfiesta:20190726104416j:plain

評価:4/5

■分身&条件付き同名パンプ

[V/R]で使用できる分身効果&同名ユニット全てのパワー+10000は強力ですね。
コストとして手札を1枚消費しているので枚数的には得をしていませんが、手札1枚をこのユニットへと変換できる効果と広域パンプのセットであれば、お得な取引です。

 

むらくもの同名サポートはどれであってもある程度有効活用できますが、特に《侍大将 HYU‐GA》とは相性が良いですね。
場のカード全てが同名カードになる為、パワーラインが凄い事になります。
自己パンプを持たず、他の同名パンプが[V]と同名の[R]をパンプするものばかりなので、自身のパンプが心許なかった《侍大将 HYU‐GA》自身のパワーラインも引き上げられ万々歳です。

 

また効果にターン制限こそついていますが、この効果で新たに呼び出した方の《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》は効果を使用していない為、コストさえ支払えるのであればデッキの中の《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を全て呼び出す事も出来ますね。

 

今回追加されるG2以下のユニット如何ではデッキのメインとしてこのユニットを使っても良いかも知れません。
《忍獣 メタモルフォックス》が輝きます。

 

■総括

侍大将のサブ[V]としてデザインされたであろう新規G3ユニットです。
初登場時からЯしていたので、通常形態は初お目見えですね。

 

[V/R]で使用可能な分身&同名パンプを持つ為、ある程度何処にでも入れられなくはありませんが、効果の都合上「決闘龍」「マンダラ」では歓迎されないと思います。

とは言え、優秀なカードなので今回新たにむらくもを作る場合や、最適なサブ[V]が未だ見当たらない「シラユキ」であれば採用できると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190726104422j:plain

評価:2/5

■同名ユニットがいる時『ブースト』を得る&条件付き1ドロー

こちらも《侍大将 HYU‐GA》での名称変更を意識した効果ですね。

 

素の状態でも12000ブースト、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》と組み合わせれば最低でも22000ブーストとパワーはかなりのものです。

追加効果の自己ソウルインによる1:1交換も合悪くはありません。

 

しかし、全体的に地味ですね。
非常にサブクランのRらしい性能です。

 

■総括

サブクランのR枠らしい、ぱっとしないG3です。
こんなのでもギフトが付いているだけマシと考えるべきか、ギフトをはく奪されていればもう少しマシだったかもしれないと考えるべきか。

 

《侍大将 HYU‐GA》とセットで運用すればそれなりにかちゅ扼する事もあると思うので、採用できなくはありませんね。
ただ《侍大将 HYU‐GA》を使うのであれば、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ》を入れたくなりますし、そこにさらにG3を入れるとなると、このユニットを選ぶか?と言う疑問があります。

 

効果はそこそこ優秀ですが、ただ『ブースト』を得るだけなので是非使ってみたいと思わせるようなユニークなものではありませんし、然程強いわけでもない為積極的に選択する理由に乏しく、あくまでコンボ前提の効果である事も相まって使い難く、ほぼ採用されないのではないかなと思います。

ヴァンガード 今日のカード「ホープ・オン・ダンプ」「ヴァリアンツ・シャットアーム」「ヴァリアンツ・メガウイング」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「ホープ・オン・ダンプ」「ヴァリアンツ・シャットアーム」「ヴァリアンツ・メガウイング」です。
ダクイレ引っ張るの、そろそろ辞めて貰って良いですか。

f:id:harvestfiesta:20190725110108j:plain

評価:4/5

■新基軸ガード制限

要求値が幾つであろうとも20000のシールド値でしかガードできない、シールド値を制限するタイプのガード制限ですか。
新しいですね、やるやんブシロード

 

条件がソウル20枚以上と非常に厳しいですが、ターン持続でガード札を20000刻みでしか使用できなくなり、5000要求に対してすら過剰なガード値を切らなくてはならない効果は非常に強力ですね。
守護者のシールド値は0なので、一応追加で20000シールドを支払えば守護者を使用する事自体はできますが、かなり負荷がかかります。
ターン持続なので疑似[V]スタンドの《ノーライフキング デスアンカー》や、全ユニットをスタンドする《五大元素の支配者》とも噛み合っていますね。

 

欠点はやはりそのソウル条件です。
制限に見合うだけのものではあると思いますが、スタンのダークイレギュラーズでソウルを20枚溜めるのはなかなか難題ですね。
《エンブレム・マスター》、《ディメンジョン・クリーパー》等を駆使して、積極的にソウルの増強に努めない限り無理そうです。

 

■総括

ダークイレギュラーズの鹿枠です。

トリガーを仕込んだり、パンプをしたりはできませんが、他に類を見ない強力なガード制限効果を持ったフィニッシャーです。
条件が整うまで耐えて切り札をぶっ放すプロテクトらしい良いカードですね。

 

既存のダークイレギュラーズは全体的にカードパワーが低めなので、勝ち筋を増やすこう言ったカードの追加が必要だと思います。
けして扱い易いカードではありませんが、ほぼ必須ではないかなと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190725110115j:plain

評価:4/5

■ブースト時自己パンプ&条件付き焼き

ブーストが必要とは言え、ダークイレギュラーズのユニットにパワー+6000のパンプが配られるとは思ってもみませんでした。
パワー8000でブーストするだけで、23000ラインに届くのは優秀ですね。
それだけで十分に存在価値が有ると思います。
自己パンプだけならコストがかからない点も優秀です。

 

追加効果は固有名称指定で、自身と同名カードがソウルに2枚以上あればCB①を支払って焼きを行える効果ですね。
コストパフォーマンスは普通ですし、条件が《グウィン・ザ・リッパー》以上に厳しいので狙って揃えなければ、ほぼ使う機会はないでしょう。
幸い、《エンブレム・マスター》の存在があるので、任意のユニットをソウルに複数仕込む事自体はできなくはありません。
ソウルに仕込むユニットが何でも良い場合には優先して仕込んでおくぐらいの気軽さで焼き効果が使えるようになるのであれば、おまけとしてはまぁ悪くはないと思います。

 

■総括

ダークイレギュラーズでは非常に珍しい、パワー+6000の自己パンプを持ったアタッカーです。
焼き効果は条件が厳しいので、それ目当てで採用するのは厳しいと思いますが、非常に緩い条件で23000へ届く貴重なアタッカーなので、それだけで採用する価値が有ると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190725110123j:plain

評価:1/5

■条件付き退却耐性&永続パンプ

条件を満たせれば耐性持ちになれ効果では退却しなくなり、単騎17000のユニットに化ける効果ですね。

 

耐性は、まぁ、あって損はありませんし、パワーも17000あればアクセル・プロテクトには10000要求が単騎で取れますね。

 

欠点は条件が固有名称指定で同名ユニットをソウルに2枚以上と重い事。
耐性が退却耐性なので、現環境で流行っているバインドは防げず、バウンス等も防げません。
素のパワーが7000と低く、自己パンプ込でもフォース相手には1000足りないを常に味わう羽目になりますし
面倒な条件を満たせなければ7000バニラです。

 

■総括

いかにもダクイレのC枠と言った趣のカードですね。

 

条件を整えればそこそこに使えなくもありませんが、名称指定でもない限りはダークイレギュラーズG1帯からこのユニットをピックアップする理由がありませんし、名称指定されていても可能な限り避けたい性能です。

 

わざわざデッキに入れる理由がありません。

ヴァンガード 今日のカード「ナイトメアドール きゃろる」「ナイトメアドール えりん」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「ナイトメアドール きゃろる」「ナイトメアドール えりん」です。
「銀の茨」の名称縛りがあれだけキツイのに相当数の非名称もだすとは…流石ブシロード、クレイジーですね。嬉しさ半分、呆れ半分です。

f:id:harvestfiesta:20190724105249j:plain

評価:4/5

■山札5枚見て1枚をソウルイン&条件付きコール

これは強い。
ソウルの質が重要なペイルムーンにとっては、5枚の中から任意の1枚をソウルへ置けるだけでも価値が有るのにG3のワーカロイドを選択した場合ノーコストでコールまでできるとは、優秀ですね。

 

ライド時に獲得したアクセルサークルを即座に埋める事ができる点が良いです。
現状ではコールできる対象が《ナイトメアドール ありす》のみですが、さて増えるでしょうか?
ペイルムーンは種族がかなり散っているのでやや不安ですね。

 

■疑似スタンド

こちらは種族指定なしのG3[R]がソウルに置かれた時、ソウルからワーカロイドへスペリオルライドする疑似スタンド効果ですね。こちらも強い。

 

[R]からソウルへ置くG3ユニットは、ペイルムーンなので《ジャンピング・ジル》等、他のカードをソウルへ置く手段には事欠きませんが、条件的には自己ソウルインできるG3ユニットの《ナイトメアドール ありす》が適当ですね。
《ナイトメアドール ありす》であれば、ソウルイン後にライドするユニットとしても選択できますし、その際に[R]にワーカロイドを展開できるので更なるアタック回数の水増しも狙えます。

 

或いは欲張ってソウルの《ナイトメアドール きゃろる》へライドするのも面白いですね。手札コストはアクセルⅡである程度賄えるので2回目以降の疑似スタンドも行えますし、登場時のSCで後続の補充も出来ます。
CBの続く限りアクセルサークルの獲得とアタックが出来そうで楽し気ですね。

 

問題はパワー不足ですが、そこは[V]裏に《ナイトメアドール びばりー》を置けば解決しますね。パワー+5000なので残念ながらフォース相手には最低限の要求値しか出せませんが、《ナイトメアドール びばりー》自身がレスト状態になっていても前列にユニットが登場する度にパンプされるので相性は良いと思います。

 

■総括

「ナイトメアドール」軸と言うか、「ワーカロイド」軸のメインとなるカードですね。

 

登場時効果による質の高いSCと、疑似スタンドによるアクセルサークルの獲得とアタック回数の増加を行える優秀なユニットだと思います。
ただこのカード自体はパンプ効果を一切持たないので《ナイトメアドール びばりー》、前トリガー等、何らかの方法で要求値を引き上げる必要はありますね。

 

種族指定が強く、非名称の為、大凡既存のデッキとは別軸になる為、採用しないデッキには一切採用されないカードになりそうですが、かなり面白いカードなので新規でデッキを組みたくなりますね。

個人的には「銀の茨」よりもこちらの軸の方が好みです。

 

f:id:harvestfiesta:20190724105255j:plain

評価:3/5

■ワーカロイドをソウルに置き自己パンプ

《ナイトメアドール きゃろる》と相性の良い自己パンプ効果ですね。
CBこそ消費しますが、パンプ値が非常に大きく、単騎でもフォース相手にきちんと要求値を出せるところが偉いです。

ここまでパンプ値が大きくなれば、気兼ねなくアクセルⅡを選択できますね。

 

《ナイトメアドール きゃろる》の効果を考えるともう一種類はG3のワーカロイドが欲しいところですが、一応G問わずワーカロイドであればなんでも吸えますし、[R]に出した2枚目の《ナイトメアドール きゃろる》を吸う事でも効果を使用できるので、余程ピーキーな構築をしない限りは相応の活躍が出来そうです。

 

■総括

「ワーカロイド」軸のアタッカーです。

ソウルに置くカードになんの制限も無く、一切コストのかからない《アマランス・ビーストテイマー》が既に存在するのでCB消費するこの子が必要かな?と思わなくもありませんが、こちらは圧倒的にパンプ値が高く、種族シナジーがあるので、ペイルムーンのユニットとしてはこんなものでしょう。

 

名称指定の厳しい「銀の茨」には、同じくワーカロイドでパワー+10000される《銀の茨の操り人形 りりあん》が存在しますし、採用は難しいでしょうが、その他の既存デッキにはある程度のワーカロイドが採用されているでしょうし十分採用圏内だと思います。

週刊ヴァンガ情報局 「煌天神 ウラヌス」「絶界巨神 ヴァルケリオン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

Amazon/駿河屋/あみあみ

 

初公開は発表会でしたが、情報局でも公開されたTD09「新田新右衛門」収録のカード
「煌天神 ウラヌス」「絶界巨神 ヴァルケリオン」です。
リメイクの次は過去話。どんどん逆行していく。

f:id:harvestfiesta:20190724101142j:plain

評価:3/5

■フォースを5つ集めて星域を得る

金なら1枚、銀なら5枚です。

 

TDの目玉ギミックですね。
G5を置く為の専用サークルを発生させる効果です。
その条件が[V]にフォース5枚と随分大味なので、如何にしてフォースを集めるかが肝要なのですが、《煌天神 ウラヌス》以外のサポートはあるのでしょうか。

 

とりあえず、この効果で能力が1つ浪費されているので、これそのものは然程強くはありませんね。
星神がやたらとハイパワーアタッカーなので、前提条件を満たせば、相手が守護者を持っていない限りは、ほぼ1点確実に通る程度のものです。
現状では星神を維持できないので、あまり脅威には見えません。

 

またフォースを5つ重ねると言う前提がある為、フォースⅡとの相性が悪い点も気に掛かります。
折角の新システムを自分たちで率先して潰していくスタイルには、ある種の尊敬の念を感じなくもありませんが、アレですね。

 

ただ星神が☆2になって襲ってくるのはかなりの圧があるので、それだけの為にフォースⅡを無為に重ねるのもありかも知れません。

 

■フォース追加取得

[V/R]で使用可能な登場時効果でフォースを1つ追加で獲得し、それを[V]サークルへと配置する効果ですね。

 

ジェネシスの登場時効果なので、[R]に出したこのカードを《猫の魔女 クミン》でバウンスしてやればあっという間にフォース5枚を達成できそうですね。
その場合SBが重いので《戦巫女 シタテルヒメ》も必要かも知れません。
なんにせよ、所属クラン的にフォースの収集、それ自体は何とかなりそうです。

 

[R]にも置ければ星神を狙わず[R]にフォースⅡを振って☆2を量産したのに、残念です。
まぁ普通に使ってもSB②で[V]が33000になるのですから、十分に強力な効果ではありますね。

 

■総括

新システムを引っ提げて登場したTDの目玉(踏み台)です。

 

効果①は聖域を獲得する効果に占有され、効果②もその補助の為にフォースを追加取得する効果なので、このユニット自体はアドバンテージを稼ぐわけでもなく、然程優秀ではありません。
とは言え、フォースをいきなり2枚獲得できる効果にはそれなりに価値が有りますし、新システムを使用する上で必須なのでG5ユニットを使ってみたい場合は必須ですね。
それ以外の普通のジェネシスには採用しない事も多そうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190724101148j:plain

評価:3/5

■ドライブを取得

登場時に山札を5枚見て、その中から1枚を選択しドロップゾーンへ送り、ターン中のドライブがドロップゾーンへ送ったユニットのGと同じになる効果です。
それだけ聞くと非常に優秀ですが、ドライブチェックで捲ったカードが全てソウルに置かれる為手札は増えませんし、折角ピーピングした山札もシャッフルしてしまうのでいまいちですね。

 

まずありえませんがデッキトップの5枚が全てG0だった場合は、ドライブも0になりますし、なかなか難しそうです。
逆にこのカードを選択した場合5ドライブになるので、トリガー確立も飛躍的に上昇し、一度に5枚のカードをソウルへ置く事ができるのはなかなか魅力ですね。
とは言え、通常は概ねツインドライブ、デッキの配分を偏らせればトリプルドライブを狙い易いぐらいはできそうですね。

 

■総括

フォースを集めると出て来るマッシブな《セントラル・アレスター》です。

 

運が良ければ5ドライブになるパワー70000のユニットと言う破格の性能ですが、場に出す為の前提条件が厳しく、メインデッキに投入するためグレード配分的にデッキ構築の難度もやや上がり、あまり扱い易いユニットとは言えませんね。

場に出れば強いロマン砲気味のユニットなので相応に癖が強く、《煌天神 ウラヌス》とのセット運用が前提なのでフル投入する事は稀有でしょう。

 

シンプルで扱い易いクランタイプであるフォースにぶち込むには向かないユニットだと思います。
それが新シリーズの主人公のTDであると言う所も相まって、何の為のクランタイプなんだかと言った感じです。

週刊ヴァンガ情報局 「侍大将 HYU‐GA」「忍獣 スペルハウンド」「口寄せの忍鬼 ジライヤ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

今回の情報局公開カードはBT06「幻馬再臨」より、むらくも3種。
「侍大将 HYU‐GA」「忍獣 スペルハウンド」「口寄せの忍鬼 ジライヤ」です。
今回がむらくもなのは今日のカードで微妙にむらくもの公開が少なめだったので、大凡の予想通りですね。
しかし、どうでも良いですが、いい加減ZANBAKU踏襲したネーミング、ダサいから辞めてくれませんかね。

f:id:harvestfiesta:20190724085534j:plain

評価:4/5

■山札から1体コール&前ユニットの名称変更

これは楽しい、そして強い。
相手依存なのでやや不安定ですが、指定するのは相手のユニットと同じグレードなのでかなり融通が利き、ほぼ任意のユニット1体を山札からコールできる効果ですね。

 

[V]も対象にできるので《銀の茨の獣使い ドリアーヌ》等で場を空にされても困りませんし、スタンダードの分身はそもそも消えませんが、分身ではないのでターン終了時に消えたりもしません。
これだけではやっている事はCB①支払って1枚分のアドバンテージを得るだけですが、その応用範囲が広いので通常の1ドローや1体コールよりも優秀ですね。

 

さらに敵軍を含めた、全てのユニットの名称を「侍大将 HYU‐GA」に書き換える効果も一部クランに刺さる他、むらくもであればシナジーが多く、強力です。

 

その刺さる一部のクラン筆頭がロイヤルパラディンです。
《ブラスター・ブレード》を対象にした永続パンプを持つ《モナークサンクチュアリ・アルフレッド》、《孤高の騎士 ガンスロッド》、「ブラスター」6種を条件とした永続効果を持つ各種ブラスター等、相手ターンにも持続しているパンプ等が間々あるので地味ですが役立ちます。

 

なによりむらくもには自軍の同名ユニット強化が豊富なので、相手に及ぼす副時効果に期待せずとも、自身が受ける恩恵だけで強力ですね。
[V]と同名カードのパワーを+5000する永続効果を持つ《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》
SB①で[V]と同名カードのパワーを+5000する効果の《激憤の忍鬼 メオーマル》が使い易いですね。
特に《激憤の忍鬼 メオーマル》はこれまで誰にも注目されておらず、そもそも持ってる人が少ないので高騰しているようです。

 

非常に優秀な効果だと思いますが、《隠密魔竜 ダンゼツアナーク》《激憤の忍鬼 メオーマル》共にパンプ対象が[R]のみで、現状のむらくもの同名パンプはこのユニットのパワーを上げる手段に乏しい点が欠点ですね。

 

■[R]全バウンス

こちらも強力ですね。
普通に使用すると条件がやや厳しいですが、効果①の名称変更後であればこのユニットと同名のカードしか場にない為何の憂いもなく使用できます。

対象を取らない効果なので、対象耐性を持つ《ブラスター・アロー》《共感の蒼翼 マカリオス》等も問題なく山札へ還せます。
もっとも、その2種は名称変更に巻き込まれた時点で対象耐性も消えてしまうので無用の心配ですが、今後名称を前提としない対象耐性を持ったユニットが出ても問題なく使用できる点が心強いですね。

 

■総括

CB①=1アドバンテージのスペリオルコールに、むらくもの特性に合致した追加効果を持つ効果①と
G3指定SBなので起動は遅いですが、アクセルクラン以外には最大で5枚分、対アクセルであれば6枚以上のアドバンテージを見込める優秀なバウンス効果②を持った今回のむらくもの顔です。

 

名称変更によって[R]全体のパンプや全バウンスによるアドバンテージ確保を行え優秀なユニットですが、自身のパワーや☆を増やす手段を持たないので詰め性能が高いわけではありませんね。
名称の都合上「決闘龍」「マンダラ」との共存も難しそうですし、「シラユキ」の相方や新規にこのユニットをメインに据えたむらくも等であれば問題なく採用できると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190724085541j:plain

評価:3/5

■分身&パワー変更

SB②を支払い、1枚分のアドバンテージを得る分身効果&おまけです。

 

分身によって盤面を埋める事ができ大凡、パワーが12000に上がる点は優秀ですね。
何らかの効果でパワーが増減していればその数値になるので、パンプ後に呼べばパンプ値を引き継いだユニットが3体に増える点も優秀です。

 

欠点は、ソウルが貴重なむらくもでさらにソウルに負荷をかけるSB②と言う激重コストです。
またパワーが自身の[V]と同じ値になる為《波動する根絶者 グレイドール》のデリートのような、自軍ターンまで持続するタイプのパワーダウン効果を受けていると、とたんにこのカードのメリットが死んでしまいます。

 

■総括

新たに追加される分身ユニットです。
基本的にはパワー+3000の自己パンプと等価である、[V]のパワーをコピーするおまけが付いており、デッキによっては既存の分身ユニット以上に活躍できそうですね。
ただその分コストが重く、ソウルコストの厳しいデッキでは採用し難いです。


ソウル事情は厳しいですが、パンプ状態のアタッカーを一気に3体に増やす事も可能な効果を持つ優秀なユニットなので、[V]のパワーを大きく上げられるデッキであれば既存の分身よりも優先度が高そうです。

 

f:id:harvestfiesta:20190724085548j:plain

評価:3/5

■ノーコスト手札交換

ライド時にノーコストで手札交換を行える効果ですね。
ライドできなければ無駄になってしまいますが、引いてからディスカードを選択するタイプの手札交換ですし、ディスカードを山札に戻す為手札にダブついた分身ユニットを戻す事もできます。
事故回避にも役立ちますし、優秀な効果ですね。

 

■[V]パンプ

CB①でパワー+10000と非常に雑なパンプ効果です。

 

シンプルですが強力ですね。
この効果で[V]をパンプした後に《忍獣 スペルハウンド》をコールすれば、パワー22000が3体並ぶとか、それだけでだいぶ強いです。

 

■総括

この効果で何処が口寄せの忍鬼なのか分かりませんが、優秀な効果を持ったG1ユニットです。

 

むらくもは[V]のパワーを上げる効果に乏しく、「シラユキ」以外の詰め性能にやや難があったのでこう言ったカードは良いですね。
必須とは言いませんが、十分に採用圏内だと思います。

ヴァンガード 今日のカード「威令の騎士 デムナ」「クールバウ」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「威令の騎士 デムナ」「クールバウ」です。
成程、これはウザイ。

f:id:harvestfiesta:20190723105206j:plain

評価:2/5

■チャンプアタックで1点バーン

G2、パワー5000とアタッカーとしてはほぼ役に立ちませんが、ガードされなかった時に直接ダメージを与える効果を持つので、こんなアタックにも手札を消費せざるを得ない状況になるなかなか面白いカードですね。

そう言うカードはアクセルに配れ。

 

コストを支払うタイミングが秀逸なので、コストだけ払わされて無駄打ちになると言ったことが無いのは流石のフォースクランですね。他所ではこうはいかない。


あまり意味はありませんが、ダメージ値に制限が無いので6点目をこのユニットのバーン効果で決める事も出来ます。
まぁそれが決まる状況であれば何処で殴っても同じなので、どうでも良いですね。

 

■総括

ネヴァンで呼べるパワー5000シリーズの新顔です。

 

直接ダメージを与える面白い効果を持っているので、1枚仕込んでおくと役に立つ事もあるかも知れません。
ただシャドウパラディンの枠はどのG帯もかなりきついので、このカードに割くスペースを作るのは大変ですね。
強くはありませんが、ユニークな効果なので一考の価値はあると思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190723105216j:plain

評価:3/5

■ドロップ回収

このユニットを含む縦列のユニット2枚をレストして、ドロップゾーンからパワー5000のユニットを回収する効果ですね。

 

シャドウパラディンは継続的に生贄を奉げなければならないクランなので、そこそこ便利ですね。
コストでレストしたユニットは邪魔になるようであれば別途生贄にしてしまえば済みますし、悪くありません。

回収候補は然程多くはありませんが、《黒翼のソードブレイカー》でもう1回ドローしたり、《フィアーソード・ドラゴン》を再び退却させてパンプしつつ《ガスト・ブラスター・ドラゴン》の星を増やす動きは悪くはなさそうです。

 

■総括

《髑髏の魔女 ネヴァン》を筆頭にパワー5000域のユニットをドロップゾーンから回収できる珍しいユニットです。

 

レストコストこそ必要ですが、CB・SBを必要とせず回収を行える点が魅力ですね。
G1帯は特に枠が厳しいのですが、便利な効果なので採用の余地はあると思います。

騎士竜戦隊リュウソウジャ― 第18話「大ピンチ!変身不能!」感想

f:id:harvestfiesta:20190318120849j:plain

 

harvestfiesta.hatenablog.com

 

ストーリー

・今週のクレオンとワイズルー

久しぶりにクレオンから始まらないアバンでした。
その後すぐに登場して「500体作れとか言わない?」には笑ってしまいました。
ブラックだったので当然ですが、トラウマになっているんですね。
その後の「ああ、いい声」とか絶対アドリブですよね。戦隊の悪役は遊びがあって良いなぁ。

 

・石

石は生物ではないので斬られても死なない⇒まぁ解る。
石が二つに分裂したのでマイナソーも二体に増える⇒これも解ります。

では、以前のミミックマイナソーが産み主の箱を斬ったら消滅したのは何故?
石は斬っても石のままだが、箱は斬られたら箱としての機能を保てなくなるので死んだと言う事でしょうか。
であれば、石と呼べなくなるまで斬るなり砕くなりすれば良いのでは?
非常に不可解です。

 

・容赦のないバンバさん

不意打ちで石を斬るの、バンバさんのキャラならやると思いました。
さすがです、クレバー。あのキャラ性なら私でもそうする。

 

ただ、今のバンバさんには一応過去の積み重ねがありまして、多少丸くなったはずですし、カナロとはそれなりに仲が良くなっていました。
初期状態ならばともかく、元来身内に甘いバンバさんが現時点での味方から忌避されそうな行動を起こし、問答無用で真っ二つにはしないと思います。
誰からも忘れ去られた宝箱とは違うのですよ。

 

これまでの積み重ねを無視したバンバさんの行動描写にはやや納得がいきませんが、それを受けてのコウのリアクションは好感を持てる感じでした。
衝突しそうになった二人を止め、仲間の不始末を代わりに謝罪しと、和を執成し纏めようとする姿勢が良いですね。

 

・変身解除

受動的な願いを吸収するマイナソーに対して、能動的な使命は吸収されないので倒せると言う所は、納得できる範囲の屁理屈ですね。
こう言う頓智は好きです。

 

しかし、その設定はあまりにも酷い。
それで変身解除されてしまっていたと言う事は、これまで漫然と「誰かマイナソー倒してくれないかな」と思いながら戦っていたと言う事の証左に他なりません。
願いではなく意志が重要であると言う今回のお話のテーマは良いだけに、見せ方が悪く非常に残念です。

 

アクション

・生身

変身できない回なので、生身でのアクションが多めでしたね。
今回の役者さんは皆さんかなり動けるようで、生身のアクションが映えます。

 

特にバンバさんはリュウソウダンスの時から思っていましたが、アクションシーンになるとキレのある良い動きをしますね。
ただ威風の騎士の重厚なイメージにはそぐわない華麗な宙返りを見せていましたが、あれで良いの? そう言うのトワとかがやる奴じゃない?

 

・ギガントキシリュウオー

1号ロボのティラミーゴ、2号ロボのモサレックスに、橋渡しの強化パーツディメボルケーノの3体をくっ付けた形態ですね。

 

存在自体はディメボルケーノに顔パーツが着いて来た時点で知っていましたが、ついに下駄を履く形態が出ましたか。
これまで避けてきた下駄付きと言う事で、もう軽快なアクションは望めないのかと思いましたが、見た目の割にはスムーズに動けるようで然程アクションの枷にはなっていないようで一安心です。

 

各種キシリュウオー、ネプチューン共に長物を振るっているので、両腕に顔こそついていますが素手で戦うタイプのロボなのも差別化できていて良いと思います。
暫くはギガントキシリュウオーで戦う事となるでしょうが、合体前と大差ないなとはならずに済みそうです。

 

 

 

ヴァンガード 今日のカード「エンブレム・マスター」「ヴァリアンツ・キラーテイル」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「エンブレム・マスター」「ヴァリアンツ・キラーテイル」です。
懐かしい中二病患者だ。

f:id:harvestfiesta:20190722104144j:plain

評価:5/5

■ソウル7枚以上で自己パンプ

自身のソウルが7枚以上あればパワー&シールドが+5000される効果です。
これはなかなか良いですね。優秀な効果だと思います。

 

ソウル条件が7枚とダークイレギュラーズの中では軽めの効果ですし
永続効果なので相手ターン中にもパワー+5000され、パワー14000になるので殴り返しに強い点。
G2ユニットなので《仮面の王 ダンタリアン》の効果でソウルからガード札としても使える点が良いですね。

 

■山札・ドロップからソウルイン

CB①支払う事で、場の[V]or[R]1体と同名カードを山札とドロップゾーンから3枚までソウルに置く、旧版のSC③を踏襲した効果ですね。

 

効果①自己パンプも扱い易く優秀でしたが、こちらはさらに良いですね。
CBこそ必要としますが手札に握ってさえいなければ、任意のユニットを一度に3枚もソウルへ仕込む事ができます。
このカードと《ディメンジョン・クリーパー》があれば、かなりの高効率でソウルを溜める事が出来そうですね。大技ブッパが捗ります。

 

また回収領域にドロップゾーンを含むところも良いですね。
インターセプトやガード札として使用し、ドロップゾーンへ送られたユニットを再利用できる点は見逃せません。
《ダークソウル・コンダクター》もソウルに仕込めるし、やはり《仮面の王 ダンタリアン》と相性が良い。

ついでにソウルへ任意のカードを送る事ができる為《キューティクルキラー ミルシェ》が若干使い易くもなります。
まぁ、流石にアレを使っている稀有な人はいませんよね。
イラストは良いのに残念です。

 

■総括

パワー&シールドの増える自己パンプ効果と、山札及びドロップゾーンからカードをソウルへ置くSCを行える優秀なユニットです。

 

ダークイレギュラーズのG2帯にはこれと言ったカードが無いので、このカードを差し挟む余地は十分にありそうです。
SCの効率的にも必須ではないかと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190722104156j:plain

評価:2/5

■ダメージorドロップからSC&条件付きCC

自己レストしてダメージゾーンかドロップゾーンから1枚をソウルに置き、ダメージゾーンから置いた場合、山札の上から1枚を裏でダメージゾーンへ置き、ソウルにこのカードが3枚あればCC&スタンド。

 

文字にするとややこしいですが、概ねダメージゾーン・ドロップゾーンから任意のカードをソウルへ置ける効果です。
エンブレム・マスター》と言い、このカードと言い、任意のユニットをソウルへ置ける効果ですが、今回のVRブルブファスはソウルにあるユニットの中身が重要になる効果なのでしょうか?

 

欠点はCCの重い前提条件と低パワーです。
ダークイレギュラーズの低いドロー能力で《エンブレム・マスター》とのセット運用を前提としたCCを活用しようとするのはかなり無理があります。
CCがなければただのレストSC①か、6000ブースターなので使い勝手が悪いですし、もう少し補助が欲しい所ですね。

 

■総括

ダメージゾーン・ドロップゾーンから任意のカードをソウルへ送れるユニットです。

一応、CCができますが前提条件が厳しく、多くの場合レストしてSC①を行えるだけのカードですね。

 

ダークイレギュラーズのG1帯は《ディメンジョン・クリーパー》《イエロー・ボルト》がほぼ確定。
残りの1枠を他と競う形だと思いますが、そこにこれをチョイスするのはなかなか難しいものがありますね。

 

採用圏内ではありますが入れるかどうかは微妙な所です。
VRがソウルの質を求めてきた場合には日の目を見るかも知れません。

ヴァンガード 今日のカード「銀の茨のお手伝い イリナ」「銀の茨 ライジング・ドラゴン」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「銀の茨のお手伝い イリナ」「銀の茨 ライジング・ドラゴン」です。
元ソウル確保要員と元バニホ互換ですね。

 

f:id:harvestfiesta:20190719103442j:plain

評価:4/5

■さよならニトロジャグラー

旧版を踏襲した効果です。
旧版は[V/R]で何処から登場しても使用できたので、調整されて弱体化してますね。

 

効果自体は旧版同様に2枚の内からの選択とは言え任意のユニットをソウルへ置ける為、ソウル質を重視するペイルムーンには嬉しい効果ですね。

 

欠点は[R]効果なので効果②と併用できない点です。
手札からの登場時限定なので、ライド後に《銀の茨の竜使い ルキエ》等の効果で場に出しても効果が使えないのはやや勿体無いですね。

 

■ライドされた時「銀の茨」をソウルに置く&条件付き1ドロー

こちらの効果も良いですね。
「銀の茨」限定ですが最大3枚をソウルへ置け、さらにドローまで行えるとは。
ドロー条件が2枚以上をソウルに置く事なので、「銀の茨」で固める必要はありますが優秀ですね。

 

■総括

「銀の茨」の《ニトロジャグラー》であり、《スターティング・プレゼンター》です。

優秀なユニットですし、「銀の茨」は名称指定が厳しいので「銀の茨」の水増しの為にも必要なので「銀の茨」では必須だと思います。

 

しかし、何故ペイルムーンだけこうも名称縛りがきついのか。
次回以降どころか、同弾でどれだけ配られるか不透明な名称をゴリゴリ推してくる売り方は、本当に迷惑だから辞めて欲しいものですね。

抹消者名称が何の意味も無く、ただただ既存強化であるなるかみが羨ましい。

 

f:id:harvestfiesta:20190719103449j:plain

評価:4/5

■単純パンプ効果

元バニホ枠ですね。
効果もそれを踏襲した単純自己パンプです。
《銀の茨の竜使い ルキエ》の効果①と同じ効果なので、《銀の茨の竜使い ルキエ》や《ゴールデン・ビーストテイマー》の効果で簡単に満たせますね。

 

シンプルに強力で良いと思います。

 

■総括

《銀の茨の操り人形 りりあん》に続く「銀の茨」の打点要員です。

 

効果に名称縛りが無く、ペイルムーンでは比較的容易に満たせる条件で大幅なパンプが見込めるので「銀の茨」以外にも採用が見込めますね。
良いカードだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「セントラル・アレスター」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「セントラル・アレスター」です。
まさかこう言う方向で増えるとは。

f:id:harvestfiesta:20190718103503j:plain

評価:4/5

■後列からアタック

左右が揃った状態でこのユニットを出せれば、[V]裏からパワー19000でアタックができる効果です。

「アレスター」強化が来るのであれば、こう言う方向ではなく、左右の「アレスター」の代わりになれる《忍竜 マガイマンダラ》のようなカードが欲しかったのですが、これはこれで優秀なのでありですね。

 

むらくもはスタンド効果やバトル中のスペリオルコール、アクセルサークルの複数確保を用いる事も無く、アクセルクランの中ではアタック回数に乏しいクランだったので、こう言う方向でアタック回数を水増しできるのは良いと思います。

 

パンプ値が大きいので他の「アレスター」が1体存在すればフォースにも最低限の要求値は出せますし、適当なサークルに追加で「アレスター」を置けばダメージトリガーをケアできるパワー24000まで無理なくパワーを伸ばせます。
また「アレスター」名称なので、必要に応じて《決闘龍 ZANBAKU》の効果で呼び出す事が可能な点も偉いですね。

欠点は配置が[V]裏限定の為[V]の火力が落ちてしまう事、配置を一か所に固定されている為2枚目以降が手札で腐る事です。
しかし、それを差し引いても優秀な効果だと思います。

■総括

ユニークな効果を持った中央の「アレスター」です。

 

[V]の火力と引き換えにアタック回数を水増しし、相手の手札へ負荷をかける事ができるなかなか優秀な効果を持っていますね。
効果の都合上、複数投入すると腐りやすく、サーチも可能な為、フル投入するかどうかは微妙な所ですが採用する価値のあるユニットだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「イエロー・ボルト」「アイシクル・レジスタント」評価


Amazon/駿河屋/あみあみ


今日のカードはBT06「幻馬再臨」収録「イエロー・ボルト」「アイシクル・レジスタント」です。
イエローボルト君、出世しましたね。

f:id:harvestfiesta:20190717103804j:plain

評価:5/5

 

■G2以上にアタックした時SC&自己パンプ

随分と強くなったものです。
G2以上のユニットにアタックした時、SC①とパワー+5000する効果ですね。
パンプ値が大きいのでフォース相手にも単騎で最低限の要求値を出せる点が偉いです。
また[V]指定が無い為、相手の[R]のG2ユニットを殴った時にも使用できる点も優秀ですね。

 

欠点はブースト時にはパンプ効果が使用できない点ですね。
それが出来れば前列には普通にG2以上のユニットを置いたのですが、自身のアタック時のみなのでこのユニットを前列に置いて殴るしかないようです。
こう言う所でも自らプロテクトⅡを殺していくスタイルは流石はブシロードと言った感じですね。

 

■ライドされた時SC②、条件付き1ドロー

少々限定的ですが、ノーコストでSC②を行えるのは便利ですね。
1ドローの方は2枚の内1枚以上がトリガーの場合なので、こちらもかなり限定的ですが、治トリガー等を吸い込んでしまった時の不利益を多少なりとも打ち消してくれる点が良いですね。

 

あくまでSC時のデメリットを軽減するおまけ効果なので当てにはできませんが、ダークイレギュラーズの単純ドロー効果と言うだけで一定の価値はあると思います。

 

■総括

SC&自己パンプ、ライド時自己パンプ効果を持ったG1ユニットです。

 

どちらの効果も優秀ですし、ダークイレギュラーズのG1帯は優秀なユニットが少なく融通が利くのでどのタイプのデッキにも無理なく投入できるでしょう。
現状のダークイレギュラーズのソウル確保能力を鑑みれば、必須カードの一つではないかなと思います。

 

f:id:harvestfiesta:20190717103811j:plain

評価:3/5

 

インターセプト時ソウルイン

インターセプトを行った際の退却時に、ドロップゾーンへ行く代わりにソウルへ置く事ができる効果です。

 

ダークイレギュラーズ的にはなかなかありがたい効果だと思います。
プロテクトⅡとも噛み合っていますね。

 

■ソウルのこのカードをバインドする事で1体をパンプ

ソウルからの起動効果ですね。
ソウルの枚数が減ってしまうのはやや困りますが、パンプ値が大きいのでなかなか悪くはないと思います。

 

《デーモンイーター》のような守護者制限、《五大元素の支配者》のスタンド効果などは特に相性が良さそうです。

 

■総括

インターセプト時にソウルへ入る効果と、ソウルからバインドする事でユニット1体をパンプする効果を持ったG2ユニットです。

 

珍しくプロテクトⅡを意識したユニットですね。
なかなか優秀なので、《仮面の王 ダンタリアン》のような特殊な効果を使わない限りは、何処でも相応の活躍を見込めそうです。

「ツクヨミ」軸 オラクルシンクタンク デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ

 

■G3(11枚)

インペリアル・ドーター ×4
満月の女神 ツクヨミ ×4
ヴィクトリアス・ディアー ×3

 

■G2(11枚)

 半月の女神 ツクヨミ ×4

レクタングル・メイガス ×4

バトルシスター まかろん ×3

 

■G1(11枚)

三日月の女神 ツクヨミ ×4

稲葉の白兎 ×4

オラクルガーディアン ジェミニ ×3

 

■G0(17枚)

神鷹 一拍子 ×1 (FV)

オラクルガーディアン ニケ ×4(☆)

サイキック・バード ×4 (☆)

バトルシスター じんじゃー ×4 (☆)

スフィア・メイガス×4 (治)

 

ラクルの新規軸「ツクヨミ」デッキです。
ツクヨミ」は連携ライド効果によるトリガー操作が魅力ですね。
確定ダブルクリティカル、楽しいです。

 

■各種解説

〇G3

・インペリアル・ドーター

ヴァンガードG インペリアル・ドーター(SVR) 結成!チームQ4

ヴァンガードG インペリアル・ドーター(SVR) 結成!チームQ4

 

このデッキのサブ[V]です。
連携ライドによってある程度は狙って「ツクヨミ」に乗れる為、必要があれば切り替えるユニットと言う立ち位置のフィニッシャーです。
ここの枠は完全に[R]用と割り切り、横に出した時に強い《邪眼の美姫 エウリュアレー》を採用しても良いかも知れません。

 

・満月の女神 ツクヨミ

このデッキのメイン[V]です。
自身の効果や《ヴィクトリアス・ディアー》等を用いてトリガーを仕込み、高パワー・高クリティカルを安定して撃ち続ける事ができる所が魅力です。
暗記さえ間違えなければダメージトリガーも任意で踏めて楽しいですね。

 

・ヴィクトリアス・ディアー

《満月の女神 ツクヨミ》の補助です。
《稲葉の白兎》を活用する事である程度、早撃ちや連発が可能なので従来の「アマテドーター」よりも活躍しているかもしれません。
個人的に2枚しかないカードを引いてくる自身が無いので3枚投入しています。

 

〇G2

・半月の女神 ツクヨミ 

 連携ライドパーツです。
パンプ値は微々たるものですが、G1版とは違い[R]でただのバニラにならない所が良いですね。

 

レクタングル・メイガス

登場時のピーピングによる山札操作とトリガー反応の自己パンプが好相性です。

デッキを見る効果で《バトルシスター まかろん》の自己パンプ効果を起動できる点も便利です。これでイラストが良ければもっと良かったのに。

 

・バトルシスター まかろん

かわいいです。
パンプ条件が雑なので、このデッキではほぼ常時パワーが上がった状態で運用できる点が良いです。 

 

〇G1

・三日月の女神 ツクヨミ

 連携ライドパーツです。
[R]に置くとバニラになるので効果でソウルへ入れたり、ガード札や手札コストとして活用する事が多いです。
G0には連携が付いていないので、初手に握っておきたいカードです。

 

・ 稲葉の白兎

G3をブーストした時と起動が遅い点がネックですが、任意のカードをソウルにおける優秀なサポートカードです。 

 

・オラクルガーディアン ジェミニ

 ラクルの貴重なCCです。
起動条件の都合上、大量には必要ありませんが、あると役に立つ渋い奴です。

 

〇G0

・☆12/引0

各種効果でトリガーを仕込む際、引トリガーは邪魔になる事が多かったので守護者は完全にギフトを頼り、☆に特化した構成にしています。

「エイゼル」軸 ゴールドパラディン デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ


■G3(14枚)

灼熱の獅子 ブロンドエイゼル×4
レーブンヘアードエイゼル×4
戦場の嵐 サグラモール×3
光輝の獅子 プラチナエイゼル×3

 

■G2(8枚)

神技の騎士 ボーマン×4
風炎の獅子 ワンダーエイゼル×4

 

■G1(11枚)

真実の聴き手 ディンドラン×4
紅の獅子獣 ハウエル×4
美技の騎士 ガレス×3

 

■G0(17枚)

紅の小獅子 キルフ×1 (FV)
だんてがる×4(前)
力闘の騎士 ナルネス×4 (前)
光輪の盾 マルク×4 (引/守護者)
エリクサー・ソムリエ×4 (治)

 

追加分が少なかった為宮地学園から然程変わってはいませんが、天馬解放で追加された《光輝の獅子 プラチナエイゼル》を採用し、安定性と引き換えにスペリオルライド後の詰め性能、アドバンテージ確保能力を向上させた形です。

 

■各種解説

〇G3

・灼熱の獅子 ブロンドエイゼル

2種類のスペリオルライドルートを持つ下敷きです。
3枚まで削る構成も考えたのですが、スペリオルライドの安定性が落ち本末転倒だったのでやはり減らす事ができない枠でした。

 

・レーブンヘアードエイゼル

下敷きその2です。
このカードを手札に引き込んでおかないと《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》で戦う羽目になる為、こちらも減らす事ができない枠です。

 

・戦場の嵐 サグラモール

アドバンテージ確保要員兼アタッカーです。
増えたアクセルサークルを埋めるのに適したカードなので大目に投入しています。

 

・光輝の獅子 プラチナエイゼル

このデッキのメイン[V]です。
最速スペリオルライドからこのカードへの再ライドを達成できれば、アクセルサークル3つと展開&トリガー操作能力を得られ優秀ですが、さすがにG3が多すぎる為フル投入は避けています。

 

〇G2

・神技の騎士 ボーマン

 

好きな手札を《美技の騎士 ガレス》へと変換できるスペリオルライド用パーツです。
ここを削るとスペリオルライドの成功率が下がる為、減らす事ができません。

 

・風炎の獅子 ワンダーエイゼル

二種類目のスペリオルライド用パーツです。

少々使い難いカードですが、このカードの存在がスペリオルライドの成功率を引き上げてくれるので欠かせないカードです。

 

〇G1

・真実の聴き手 ディンドラン

アドバンテージ確保要員です。
1ドローorCCを行え便利ですが、ソウルコストが心許ない為、4枚は必要ないかも知れません。

 

・紅の獅子獣 ハウエル

 スペリオルライド用パーツの片割れです。
効果を使う事は然程多くはありませんが、ワンダーエイゼルルートではこのユニットと《風炎の獅子 ワンダーエイゼル》の双方を引かなくてはならない為、減らす事ができません。

 

・美技の騎士 ガレス

スペリオルライド用パーツの片割れです。
《神技の騎士 ボーマン》でサーチできる為、手札に引いてくる必要が無いので枚数を減らしています。

 

〇G0

・前8/引4

スペリオルライド&再ライドによってアクセルサークルを複数取得し、前列のユニットが増える事が多い為、前トリガー一本に絞っています。
また、引トリガーはアクセルⅡの登場で手札供給に一定の目途が立ち、バニラ引トリガーを投入せずとも立ち回れるようになった為、採用していません。

 

「ガンバス」軸 なるかみ デッキレシピ


Amazon/駿河屋/あみあみ



■G3(8枚)

デトニクス・ドリルドラゴン ×4
ガントレッドバスター・ドラゴン ×4

 

■G2(12枚)

ドラゴニック・デスサイズ ×4
妖剣の抹消者 チョウオウ ×4
覇軍の抹消者ズイタン ×4

 

■G1(13枚)

ライジング・フェニックス ×4

デモリッション・ドラゴン ×4

ボルトキャプチャー・ドラゴン×3
希望の雷 ヘレナ
 ×2

 

■G0(17枚)

スパークキッド・ドラグーン ×1(FV)

毒心のジン ×4(☆)

イエロージェム・カーバンクル ×2(☆)

ワイバーンガード・ガルド ×4(引/守護者)

オールド・ドラゴンメイジ ×2(引)

蠱毒の抹消者 セイオウボ ×4(治)

 

 

宮地時点でもなかなか粒揃いでしたが天馬解放の発売によりさらに強化されたなるかみデッキです。
アクセルクランのなかでも特に扱いが簡単で、ガンガン殴って行けば大抵何とかなるのが魅力です。

 

■各種解説

〇G3

・デトニクス・ドリルドラゴン

このデッキのサブ[V]です。

相手が展開している時は《ガントレッドバスター・ドラゴン》で薙ぎ払い
展開を控えるようであれば、このユニットで攻め込みます。
これまでは相手の[V]裏を処理できずノーコストでのスタンドは難しかったのですが、《ボルトキャプチャー・ドラゴン》の登場により[V]裏も処理できるようになたため、よりリーズナブルに扱えるユニットになりました。
ただ《デトニクス・ドリルドラゴン》は安く撃てたら撃つ程度の感覚なので、使わない事も多く3枚でも良いかも知れません。
その場合、この枠には《サンダーブレイク・ドラゴン》を投入するのが適当でしょう。

 

・ガントレッドバスター・ドラゴン

このデッキのメイン[V]です。

基本的にはこちらにライドし、相手のユニットを除去しつつ高いパワーと☆でガード強要し、消耗を押し付けていきます。
減らす理由もないので思考停止4投です。

 

〇G2

・ドラゴニック・デスサイズ

ノーコストでパワー14000まで上昇し、登場時バインドまで備えているので抜く理由がありません。
なるかみのG2帯は優秀なカードが増えましたが、それを加味しても十分に一線級のユニットです。

 

・妖剣の抹消者 チョウオウ

前列バインドと後列釣り出しをCB①で行え、必要とあれば自己スタンドも行える超絶イケメンです。
顔は兎も角効果がイケメンなのでこのカードを減らす理由とかありません。
《ガントレッドバスター・ドラゴン》のアタックを全力で守った後に、☆を振ったこのカードが起き上がってくると相手が嫌そうにしてくれるので、とても良いカードです。

 

・覇軍の抹消者ズイタン

《ガントレッドバスター・ドラゴン》の要求値をさらに引き上げてくれる優秀な置物です。また自己ソウルインしながら1ドローを行える効果②も優秀です。
場に置くだけで相手の手札消費を加速させる事ができるので、減らす理由が見当たりません。

 

〇G1

ライジング・フェニックス

ガードや手札コストとして破棄しても場に舞い戻ってくる優秀な焼き鳥です。
このユニット以上のG1ユニットは天馬解放にも存在しなかった為、引き続きフル投入しています。

 

・デモリッション・ドラゴン

 

後攻時のケアが可能なG1ユニットです。
その効果の都合上、枚数を削って投入する意味が薄く、中途半端に投入するぐらいなら全抜きして他のカードに当てたい枠ですね。
とは言え、この枠を奪ってまで投入するようなカードは残念ながら存在しない為、フル投入しています。

 

・ボルトキャプチャー・ドラゴン

主に[V]裏の引き籠りを表に出すカードです。
ノーコストで使用できる為フル投入しても良いのですが、そこまで必要ではないので現状3枚に留めています。

 

・希望の雷 ヘレナ

やや使い勝手は悪い効果ですが、貴重なCC要員です。
乱用のできないカードで、ゲーム中に1枚引ければ十分な為、枚数を削っています。

 

〇G0

・☆6/引6

《デトニクス・ドリルドラゴン》に続き、《妖剣の抹消者 チョウオウ》と言う☆トリガーと相性の良いユニットが増えた為、☆トリガーのみに絞ってます。


他のアクセルのトリガー配分もそうですが、基本的には☆か前どちらかに寄せる方が安定して動くので、デッキにあったトリガーに絞りどちらかに寄せるようにしています。
☆・前両採用は上ブレすれば一本に絞る形よりも強いのですが、当てにできないトリガーを更に不安定にする形は個人的には苦手です。