イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

カードファイト ヴァンガードやTCGの雑記を綴るブログです。主に今日のカードを1点~5点の5段階で評価しています。

ヴァンガード 今日のカード「戦巫女 イヅナヒメ」評価

f:id:harvestfiesta:20181105120517p:plain

評価:3/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」収録、《戦巫女 イヅナヒメ》です。

16日に発売とは思えない程に高レアが未判明のこの状態で、R枠の公開ですか。

しかも週末に事実上公開されていたカードを……。はーつっかえ。

 

■永続15000

テキストが短い、強い。

アタッカーとしては8000ブーストでお手軽に23000のラインが形成でき、G4相当のパワー15000を持つため、相手のグレード・クランに関わらず単騎でも最低限の要求値を取れるので非常に強力ですね。

 

また、自分のターンの間等の制限が一切無く、相手ターン中もパワー15000の状態を維持している為、ブーストやパンプなしではG3でもアタックが届かなず排除され難い場持ちの良いユニットと言えます。

 

■登場時SB

登場時にソウルを消費するので、ジェネシスにとっては純粋なデメリット効果です。

【拘束】とか付けられなくて良かったですね。

 

コストなのでこのカードの登場時にソウルが0以下であれば踏み倒せますが、ジェネシスでその状況はほぼあり得ませんね。

 

アルテミスをメインに据える場合、神装ゲージでのソウル消費がメインとなるのでこのカードの登場コストが大きな枷になるほどではないでしょう。

相応にSC要員さえ入れてあれば、問題なく運用できると思います。

 

ヒミコをメインに据える場合、軽減なしではソウルを6枚消費する必要があるので、このカードのデメリット効果でSB①を場に出すたびに支払うのは少々痛いですね。

強いのですがヒミコとの兼ね合いを考えるとSCに乏しいジェネシスで複数を場に並べるのはツラそうです。

 

■総括

強力なパンプ効果を持ちますが、ジェネシスのほぼすべてのカードと相性が悪いカードと言えます。

神装ゲージとの相性も悪いですが、ゲージは大量のソウルを必要とするわけではないので共存できそうです。

問題はSB⑤とデッキボトムへ送る分のソウルを要求するヒミコですね。

軽減カードがあるので常に6枚のソウルを要求されるわけではありませんが、SB①を支払わなければ場に出せないユニットとの共存は少々難しいでしょう。

 

ヴァンガード 今日のカード「ロストブレイク・ドラゴン」評価

f:id:harvestfiesta:20181102114340p:plain

評価:5/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」収録、《ロストブレイク・ドラゴン》です。

 

■登場時1:1交換

バインドゾーンをある程度溜める必要のあるギアクロに、こう言った雑な条件で損失なくバインドゾーンを増やせるカードがあるのは良いですね。

手札からの登場時限定なのでイディアライズの効果で出て来てた時に発動しない点はネックですが、かなり便利なカードだと思います。

 

バインドするカードの存在する領域こそ違いますが、リピッドのほぼ上位互換ですね。

レアリティの高いカードが強いのは構いませんが、同弾に収録されているCがほぼ下位互換と言うのはどうなんだ。

 

■バインドゾーン参照の自己パンプ

バインドゾーンに表のカードがある時と言う、このカードをスペリオルコールしない限りは登場するだけで満たせる条件で自己パンプできます。こちらも強い。

自分ターン中はほぼ単騎13000のカードとして扱えますね。

 

登場時の効果と併せて自己完結したパンプ効果で、フォースのG2なのでパワーも最低限はあります。特に瑕疵のない優秀な効果ですね。

 

■総括

登場時にバインドを絡めた手札交換を行え、その効果を使用する事で無理なく自己パンプを行えるのでギアクロの中では優秀なカードだと思います。

ギアクロはバインドゾーンを参照するクランなので、任意のカードを損失なく容易にバインドゾーンへ送れるこのカードの優先度は高そうです。

ヴァンガードch限定カード「スチームスカラー カライン」評価

f:id:harvestfiesta:20181102001926j:plain

評価:3/5点

 

今回の公開カードはギアクロのCです。

Cにしてはなかなか優秀ですね。

 

インターセプト封じ&ガード枚数制限

インターセプトを封じる効果は地味ですが悪くはありません。

枚数制限の方は3枚までしかガーディアンを出せないとありますが、守護は普通に出せますし、手札を3枚も消費すれば大凡ガードできそうなものなのでブースト先、主にVの性能次第な能力と言えるでしょう。

 

仮にイディアライズの裏に置いても15000+8000+5000で28000。

フォース込みでも38000で30000要求。やや力不足ですね。

これでは3枚までしか出せない制限が生きることはほぼありません。

 

ただ、ギフトによって容易にパワーラインを上げられ、パンプ効果に恵まれているフォースクラン、その中でも疑似超越によってG4の高パワーユニットを扱えるギアクロとは比較的相性の良い効果ですね。

メインVが守護制限等を持っていれば相乗効果でほぼガードできなくなるでしょうし、期待が高まります。

 

■自己バインド

なかなか優秀な効果を持っていますが、効果使用後は自己バインドによって退場してしまう為、例えSBコストの問題を解決できたとしても恒常的に使用する事はできない点は少々惜しいですね。

 

ギアクロなので自己バインドは無駄にはなりませんが、フィニッシャー向けの能力を持ったこのカードがバトルを終了したタイミングでバインドゾーンが増えても即座に有効に扱えるとは考え難いので、あまり嬉しくはありません。

G1なので動画でも触れていた通り、微調整には使えますがそもそも微調整がしたくなるかどうかが疑問です。

 

■総括

このカード自体はなかなか優秀な効果を持ったカードですが、相方のメインV次第でこのカードの要不要も変わってくるブースト先に依存したカードです。

メインVが守護制限や特盛のパンプを持っていればこのカードの出番も多いでしょう。

ヴァンガード 今日のカード「星夜の強弓 ウリクセス」評価

f:id:harvestfiesta:20181101103531p:plain

評価:5/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」収録、《星夜の強弓 ウリクセス》です。 

名前に反してまるで修験者のような格好をした和風のイラストですね。

その名前オデュッセウスの事ですよ。イラストの指定、ホントにこれであってます? 発注ミスでは?

 

■ソウルイン⇒1ドロー&SC

山盛りですね。自身をソウルインしているので場が空いてしまいますが、ジェネシスであればソウルが増える事はメリットですし、退場した分は1ドローで補填されています。さらにSCまで付いてくるとは、なんともお得な効果ですね。

 

唯一の難点はインターセプト要員が減ってしまう事ですが、それでも使い得です。

こう言うのをペイル・ダイクレに下さい。

 

ジェネシスに連続攻撃ギミックがあるとは限りませんが、自己ソウルインで場を空けられるので、バトル中のスペリオルコールからの連続攻撃ギミックがあるならば、このカードでスムーズに交代ができるようになりますね。

なにこれ、強い。黄色いクランだし、今からでもゴルパラに変えませんか?

 

■自己パンプなし

効果を使用する為には相手Vへのアタックが必要ですが、単体では10000アタッカーなのでブーストなしでは最低ラインにも届かない点は少々使い難い所ですね。

 

■アタック時ソウルイン

アタック後にソウルインをコストに処理する効果なので、メインフェイズにソウルが必要な場合は1ターン跨ぐ必要があります。

このソウル供給タイミングの遅さは少々ネックですね。

メインVがヒミコにしろ、アルテミスにしろ、SCのタイミングが遅く使い難いと感じる場面もあるでしょう。

 

■総括

アタックのついでに自身を含め2枚のソウルを損失なしで獲得できる優秀なSC要員です。効果のタイミングが少々遅いのはネックですが、それを加味しても優先的に採用されるであろうカードだと思います。

ヴァンガード 今日のカード「ツールボックス・ワラビー」評価

f:id:harvestfiesta:20181031104228p:plain

評価:1/5点

 

今日のカードは「The Answer of Truth」収録、《ツールボックス・ワラビー》なのですが、Cの紹介とか後回しで良いのでリストの上から見せて下さい。

 

■カッチカチ

インターセプト時限定でガード値が15000になります。

フォースに配られるG2バニラよりも固いので強いと言えば強いのですが……

まぁ噛み合わない。

 

■これ、要る?

ライオンの時にも思いましたが、アクセルにこんな後ろ向きなユニットを配られても、使いどころがないのではなかろうか。

 

これの他にG1 ガード0 9000と、前トリガー2種が枠を潰していくんでしょ?

 

これ、要る?

デッキ的にも収録枠的にも、邪魔なだけでは?

 

■総括

強いとは思いますが、あらゆる意味でアクセルに要らないと思います。