イドゥンの林檎

イドゥンの林檎

主にヴァンガード等、TCGの最新情報に関する雑記を綴るブログです

【ヴァンガード】 「リリカルモナステリオ ~新学期はじまるよ!~」収録カードリスト

全80種[新規80種]
(RRR:11種/RR:15種/R:19種/C:35種)
+パラレル92種(LSR:6種/SP:35種/H:51種)予定

 

RRR 6/11

D-LBT02/001 Astesice×Live カイリ
D-LBT02/002 新世代の美 エルミニア
D-LBT02/003 共に駆ける光芒 オフィリア
D-LBT02/004 
D-LBT02/005 
D-LBT02/006 
D-LBT02/007 
D-LBT02/008 
D-LBT02/009 驚異の急成長 ルジェナ
D-LBT02/010 歌声は夜空に響いて リュドミラ
D-LBT02/011 Sweet×Sweet

 

RR 8/15

D-LBT02/012 
D-LBT02/013 
D-LBT02/014 ベイジングファウンテン テルエス
D-LBT02/015 
D-LBT02/016 
D-LBT02/017 笑顔を共に ジーズヤ
D-LBT02/018 
D-LBT02/019 麗し王子 メレディス
D-LBT02/020 
D-LBT02/021 食べ過ぎ注意! アイリーン
D-LBT02/022 次へのステップ ラプラム
D-LBT02/023 天声の代弁者 ヘリュエル
D-LBT02/024 永遠に別たぬ夜明曲 イレーネ
D-LBT02/025 羽ばたく音色 シグネ
D-LBT02/026 

 

R 9/19

D-LBT02/027 あたふたパニック フローチェ
D-LBT02/028 
D-LBT02/029 なかよしの秘訣 クッカ
D-LBT02/030 ナチュラルチャープ メルリア
D-LBT02/031 
D-LBT02/032 真っ直ぐに見つめて コンスタンツェ
D-LBT02/033 魅了の美 エルティーヌ
D-LBT02/034 
D-LBT02/035 オーセンティックメロディ エスメラルダ
D-LBT02/036 清く正しく ヤコミナ
D-LBT02/037 
D-LBT02/038 
D-LBT02/039 名流の翼 エルナエル
D-LBT02/040 
D-LBT02/041 
D-LBT02/042 幽魂の抱擁 ベティーナ
D-LBT02/043 
D-LBT02/045 
D-LBT02/046 

 

C 12/35

D-LBT02/047 篤実な瞳 リリアナ
D-LBT02/048 
D-LBT02/049 
D-LBT02/050 ビーティングハート カミラ
D-LBT02/051 
D-LBT02/052 染み入る優しさ パライネ
D-LBT02/053 注がれる期待 イルタ
D-LBT02/054 月夜に蕩かして メヒティルト
D-LBT02/055 
D-LBT02/056 
D-LBT02/057 うぇいきー・わーるど エリサ
D-LBT02/058 
D-LBT02/059 
D-LBT02/060 
D-LBT02/061 
D-LBT02/062 救いの歌を トゥラエル
D-LBT02/063 素敵な出会いを ヘルティ
D-LBT02/064 狙い撃つ美 レランシェ
D-LBT02/065 徹底休憩 メルマール
D-LBT02/066 
D-LBT02/067 
D-LBT02/068 
D-LBT02/069 アウェイティングスマイル マルエル
D-LBT02/070 噂の美 ラビーナ
D-LBT02/071 
D-LBT02/072 
D-LBT02/073 
D-LBT02/074 
D-LBT02/075 
D-LBT02/076 
D-LBT02/077 
D-LBT02/078 
D-LBT02/079 
D-LBT02/080 

 

 

【ヴァンガード】 「ビーティングハート カミラ」「あたふたパニック フローチェ」評価

ビーティングハート カミラ

f:id:harvestfiesta:20220128123625j:plain

評価:1/5

【自】【前列の《R》】:このターンにあなたの「潮騒とわいらいと」が歌われているなら、あなたの前列のユニットすべてのパワー+2000。

潮騒とわいらいと」反応前列パンプ

潮騒とわいらいと」を歌った時、前列全てをパンプできる能力ですね。

 

潮騒とわいらいと」の効果と合わせて、前列7000パンプ。

このユニットと「みんなに響け ロロネロル」がパワー20000に、「オーセンティックメロディ エスメラルダ」ならパワー15000になるのでブースト要員を用意できれば要求値を綺麗に伸ばせて良いですね。

 

ただ広域パンプになっているせいか上昇値が非常に低く、「生真面目会長 エクノア」等のG2アタッカーには微妙に数値が足りず恩恵が薄い点が気に掛かります。

また「潮騒とわいらいと」の採用率の低さや、使用タイミングの無さもネックですね。

 

総括

「ロロネロル」軸の強化札。特定の歌に反応するシリーズです。

 

広域パンプを行える珍しい能力を持っている点は良いですね。

G3ユニットにブーストを付ければしっかりと要求値が上がる調整をされていますが、「ロロネロル」軸でブースト要員を用意するのは少々難しい点、上昇値に乏しく単騎で要求値に影響を及ぼせない点、そもそも対応する歌が不遇である点がネックです。

 

潮騒とわいらいと」を歌う事があり、尚且つしっかりブーストを付けられると言う狭き門を潜り抜けねば使えない何とも恵まれないユニットです。

これを機に「潮騒とわいらいと」の評価が変わると良いですね。

 

あたふたパニック フローチェ

f:id:harvestfiesta:20220128123643j:plain

評価:2/5

【自】【《R》】:このターンにあなたの「六花ふらくたる」が歌われているなら、このユニットのパワー+5000。

「六花ふらくたる」反応自己パンプ

六花ふらくたる」を歌うと単騎18000になれる能力です。

 

流石にダメージトリガーをケアした数値にはなりませんが、こちらはきちんと単騎で要求値が上がる点が良いですね。

対象となる「六花ふらくたる」も優秀なので扱い易い。

 

ただG2に同じくパワー18000まで伸び、メインとなる茜色らんうぇい」に反応してパンプされる「オーセンティックメロディ エスメラルダ」が居るのがネックですね。

さすがに両方は不要でしょうし、あちらは基礎パワーに瑕疵があるとはいえ、ガード値の有無は大きい。

 

総括

「ロロネロル」軸用特定の歌に反応するシリーズ、G3版「オーセンティックメロディ エスメラルダ」です。

 

六花ふらくたる」に反応してパンプされる点が良いですね。

上昇値も十分にあり、単騎18000まで膨らみます。

類似ユニットに「オーセンティックメロディ エスメラルダ」が存在するので、積むのであればどちらかお好みで採用する感じになると思います。

 

【ヴァンガード】 「羽ばたく音色 シグネ」評価

羽ばたく音色 シグネ

f:id:harvestfiesta:20220128120647j:plain

評価:5/5

全力-【自】【《R》】:このユニットがブーストした時、あなたのソウルが0枚なら、【コスト】[CB①]することで、あなたの他のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 

【自】【《R》】:このユニットがブーストしたバトル終了時、全力能力を持つあなたのヴァンガードがいるなら、このユニットを【スタンド】させ、ソウルから1枚選び、ドロップに置く。(この効果は強制)

全力-他者パンプ

全力能力は他対象の5000パンプですね。

 

ややパッとしない印象ですが、ターン持続しますし、「新世代の美 エルミニア」のスタンド対象をパンプしつつ、全力条件を満たす為にCBを消費する役目としては適当な部類だと思います。

表のダメージをコストにCBを行う場合は「新世代の美 エルミニア」の能力でのパンプと大差ありませんが、バトルフェイズ中に行うCBコストの効果なので踏み倒しの対象になっている点が良いですね。

 

効果そのものは然程でもありませんが、タダで使えるのであれば有りです。

 

自己スタンド&全力サポート

そして本命の自己スタンド&ソウル破棄です。

 

ブースト後に自身がスタンドする事で、「新世代の美 エルミニア」で全力能力持ちをスタンドさせた場合の火力不足を補えます。

さらにソウルを吐き出す機能まで備え、ネックだった全力条件の達成が格段に楽になりました。

 

総括

「新世代の美 エルミニア」用の《R》要員です。

 

事実上ノーコストで使用可能なターン持続5000パンプと、連パンサポートの自己スタンド、全力条件達成用のソウル消費まで熟せてしまう有能ユニットです。

「エルミニア」軸の盤面に1枚は置いておきたいユニットなので、「エルミニア」軸を組むうえで必須になると思います。

 

【ヴァンガード】 「オーセンティックメロディ エスメラルダ」評価

オーセンティックメロディ エスメラルダ

f:id:harvestfiesta:20220127162640j:plain

評価:2/5

【自】【《R》】:このユニットがアタックした時、このターンにあなたの「茜色らんうぇい」が歌われているなら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

「茜色らんうぇい」自己パンプ

「茜色らんうぇい」が歌われると単騎18000になる能力ですね。

 

歌う種類が限定されていますが「茜色らんうぇい」なら邪魔になりませんし、コストを必要とせず高打点を捻出できる点が良いですね。

類似能力、同ステータスを持つ「サバサバ姉貴分 オードリー」と比べると、パンプ条件が限定されている分打点で勝り、歌えさえすればこちらの方が優秀です。

 

総括

特定の歌に反応する「ロロネロル」強化です。

 

歌いやすい「茜色らんうぇい」に反応してノーコストで高打点ユニットとなれる点は便利ですね。

パワーに瑕疵がありますが、パンプ込みであれば目を瞑れる数値ですし、選択肢としては悪くないと思います。

 

【機界戦隊ゼンカイジャー】 第44カイ「SD=スモール+デッカい?!」感想

総決算と言うよりは再確認

ケジメとして一人で戦うと言い出すゾックスに対し、最初のやり取りを持ち出して自分達は勝手に人を助けると宣言する介人。

直接戦えなくても戦う術はあるとメカニックとして力を発揮するフリント。

 

やっていること自体は熱い展開なのですが、既に解決した話を再度確認している感じが強く、ドラマとしてイマイチに感じました。

介人にしてもフリントにしても、その話前にやったんですよ。

立場や気持ちが変わる何かがあったわけでもなく、定着した状態から再確認されても、カタルシスを感じません。

 

やりたい事は解るし共感できるだけに見せ方か捻りか、何か物足りない感じになっており残念です。

 

切り替え可能!

ゲゲの冷酷な面と猫撫で声でボッコワウスに甘える面、どちらも本来のゲゲとは関係のない乗っ取った寄生体のものだと思っていましたが、猫撫で声で喋る方だけが寄生体の人格で、冷酷な面は本来の人格のようですね。

思えば以前から声のトーンは幾度も変わっていましたし、目が光る事もありましたが、ボッコワウスとその他の人員への態度の差としか映らなかったので、すっかり騙されていました。

 

反応を見るに、目が光って猫撫で声を出す時だけ寄生体の意識が表層に出て、寄生体が表に出ている時の記憶はない様子。

この猫撫で声の寄生体は一体どこの誰なんでしょう。

終盤になっても未だに正体不明、目的不明なのは凄いですね。

 

立ち回りも相変わらず狡猾です。

ステイシーの身体を乗っ取って接触したたった1回でゾックス達の目的を看過し、ボッコワウスに取り入りSDトジルギアを使用させ、SDトピアで目的を果たしたゾックス達が地球に戻ってこないように海賊トピアを解放し、トジテンドと戦う理由そのものを消してしまう。

ゾックス達ゴールドツイカー一家を排除して何がしたいのかは分かりませんが、単純に戦力は削れています。

 

ボッコワウス達幹部を倒させつつ、自分があしらえるキャパシティが、ゼンカイジャーの5人だったと言う感じでしょうか?

トジテンドの乗っ取りを企てるだけならばボッコワウスに寄生すれば済む話ですし、そう言う単純な狙いではないのかな。

謎です。

 

戦死ではない前向き離脱

まさか最終決戦まで残らず、そのまま離脱してしまうとは思いませんでした。

元々呪いを解くためにSDトジルギアを破壊し、SDトピアを解放する事を目的としていましたが、てっきり最後まで付き合ってくれると思っていたのに…。

 

自分の目的の為に旅立っていく前向きな理由での離脱ですが、ゾックスは良いキャラだったので残念でなりません。

もっとゾックスの活躍が見たかった。

スーパーの時のダンス、省略しないで欲しかったな。

 

SD小物

今回出てきたSDフィギュアやSDギアダリンガー、わざわざ作ったんだ。

手間かかっていますね。

ジュラン達は小さくなってもちゃんと武器を持っていますし、芸が細かい。

こういう細部に手間をかける姿勢、凄く良いと思います。

 

スーパーツーカイザーSDの部分だけ欲しいと言う話を持っていくとすべてを察してくれるバンダイさん、素敵!

 

折角なのでプレバンで今回のSDゼンカイジャーの面々、発売しないものだろうか。

 

SDモチーフ

小物の出来は良かったのですが、お話としてはギャグパートで少々触れた程度で、あまりSDである意味はありませんでしたね。

 

いつものようにゼンカイ脳でSDになったからこう動こうみたいなものはなく、SDでも戦えると言う方向性だったので、そこはゼンカイジャーらしく無くて少々残念でした。

 

【仮面ライダーリバイス】 第19話「デモンズ注意報、ヒロミ包囲網!?」感想

カメレオンは正しかった

ヒロミさんが我が身を顧みずに戦い続けようとすること、それ自体はカッコイイのですが、ヒーローとして戦えるのならば死んでも良いって理由付けが私的に過ぎます。

 

もっとこぅ、あるでしょ?

尊敬する人物が己を顧みず、命をかけて自分を救ってくれたとか、人を助けていたとか、そう言うサムシングが。

或いは一輝のようにヒロミでなければ変身できないみたいな制約があれば、我が命を懸けて~と言い出しても已む無しとなるのですが、ヒロミのものではない、誰でも使えるヤバいドライバーを憧れを理由に占有し続けるのはどうかと。

 

あれでは大二に説教されて言い返せなくとも仕方がありませんし、偽長官だった頃のカメレオンが言っていた器じゃないと言うのも納得してしまいます。

 

無敵

どうやらギフテクス、フェーズ3は、外見を人間形態に戻せる段階ではなく、人間と怪人を行き来できる段階のデッドマンのようですが、さくらは道場に通っており、それなりに強い設定なのに、生身ではアギレラ様に勝てないのはなんでなの?

 

スタンプを押す前のナチュラル人間状態のアギレラ様相手でも負けていたので、スタンプを押して強くなっているから人間形態のアギレラ様に勝てないと言う事でもないようですし、変身したら一瞬でパワーバランスが逆転して圧勝していましたが、パワーバランスが良く解りません。

 

素のスペック、テクニックではアギレラ様が勝っているが、変身後の性能はジャンヌが圧倒的に高い。ドライバーか、スタンプの性能が非常に優れているのかな?

 

敵対する意思

フリオでも玉置でも構いませんが、よくのこのこ顔を出せましたね。

敵対する意思の有無とかじゃないんですよ。

フリオ君の今のお気持ちなんてどうだって良いんですよ。

現在進行形でテロ組織の幹部と言う立場である事が問題なのです。

 

さくらはさくらで報告、連絡、通報しよ?

今は変身できなくなっていたとしても、デッドマンズの幹部ですよ?

一般信者は捕まって更生施設送りになっているのに、ちょっと顔見知りだからと見逃す意味が解りません。

 

さくらとアギレラ様の会話も酷い。

元々敵同士なので友人ではなく、当然仲が良いわけでもありませんし、お互いに話を聞く気が無いので会話が成り立つわけもないのですが、まるで友人と喧嘩別れしたかのような態度で「もう会いに来ないで」って、どう言う意図なの?

アギレラ様の脳内ではお友達扱いされていたのかな?

 

消えるバイス

また実態を失っている。

生身にスタンプを押して実体化した悪魔は、任意で消せるんでしょうか?

 

先週はドライバーで変身して実体化したバイスが何故か暫く残留していましたが、仕組みが全く分かりません。

どうなったら実態を維持できて、どうなったら消えるんですか?

 

一輝の意志で消しているとしたら、どう言う意図で相棒呼ばわりしているバイスの実体化を解除してしまったんですか?

自由奔放なバイスとしては肉体があって自由に会話したり飲食できる方が都合がいいはずですし、バイスを認めて信頼しているのなら、実態を取り上げる意味はないはずです。

お話としても、バイス狂言回し気質なので、その方が話を進めやすいでしょう?

 

オルテカくんの深慮遠謀

バイスと言う邪魔者が入らない状態でヒロミを呼び出したかった。

これは解りますが、何故同僚まで一緒に?

ストレートにデモンズドライバーを渡せと言って渡して貰えると思ったの?

 

あの状況から、どう言う方向に話を持っていきたかったのか、オルテカの理想の絵図が全く想像できません。

まさか、渡せと言われてヒロミさんが「畏まりました。お納め下さいオルテカ様」と言うとでも考えていたのでしょうか?

 

千草を使って説得するつもりだった?

その場合、何故竜彦を呼んだの?

フェニックスから二人とも引き抜くつもりだった?

力尽くで奪うつもりならば、わざわざ最初に渡せと話しかける意味もありませんし、ヒロミだけを呼び出す方が都合がいいはず。

 

それなりに手の込んだ真似をしている割に無駄が目立ち、どうしたいのか考えても全く理解ができません。

どう言う流れがオルテカの理想だったのだろう。

 

【ヴァンガード】 「新世代の美 エルミニア」「魅了の美 エルティーヌ」「狙い撃つ美 レランシェ」「ベイジングファウンテン テルエス」評価

新世代の美 エルミニア

f:id:harvestfiesta:20220126123902j:plain

評価:4/5

【起】【《V》】:【コスト】[CB①]することで、そのターン中、このユニットのパワー+5000。

 

全力-【自】【《V》】:このユニットがアタックしたバトル終了時、あなたのソウルと表のダメージゾーンが合計0枚なら、【コスト】[手札から1枚捨てる] ことで、全力能力を持つあなたのリアガードを1枚選び、【スタンド】させる。このターンにあなたが次に払うCBは①減る。

5000パンプ

CB①消費でパワー+5000。

 

ターン制限が無く、対象も自由なので、コスト効率的には普通ですね。

弱くはありませんが、カウンターコストを余らせておくと全力を発揮できないので、余ったコストの適当な消費先と言う側面が強いです。

 

可能な限り相手の手札を1枚余分に削れる状況へ持っていけるようパンプを振っていきたい所です。

折角コストを使ったのに守護者を切られてさしたる損害も与えられないでは、コストを使う事が目的であったにしても流石に…。

 

全力-《R》スタンド

全力能力持ちの《R》をスタンドする効果ですね。

キーワード能力なのに発動条件が統一されていない点が若干気になります。

何故ロードクリーチャーだけ唐突にダメージゾーンまで見だしたのか。

 

ネックはその全力を発揮する条件ですね。

ダメージゾーンの方は自力で解決できますが、このユニットにはソウルを吐き出す能力がありません。

「狙い撃つ美 レランシェ」等、手軽にソウルを消費可能かつ、逆に一切使えない状態になっても困らない《R》を別途用意する必要があります。

 

全力条件のお陰で多少取り回しの悪さは感じますが、中身はそこそこですね。

ハンドコストのみで《R》1枚をスタンドでき、おまけにCBコストの踏み倒しまで出来てしまいます。

《R》アタッカーが持つ自己パンプやヒット時能力付与をノーコストで発動可能になるので、スタンド対象をパンプせず若干パワー不足を感じる点も《R》自身の能力である程度誤魔化せまそうです。

 

総括

新規ライドラインのG3です。

 

コストを残さない事で発揮する新キーワード能力、全力を活用する動きのようです。

補填が無いので使う度に損失が嵩んでいきますが、手札1枚で《R》スタンドを行えるのはなかなか優秀だと思います。

スタンド対象にパンプが付いておらずスタンド後にパワー不足に陥る点も、自身の能力①で解消できますし、全力能力持ち《R》の性能次第では頑張れそうですね。

 

魅了の美 エルティー

f:id:harvestfiesta:20220126123945j:plain

評価:3/5

【永】【《V》/《R》】:このユニットがアタックしたバトル中、このユニットのパワー+2000。

 

全力-【永】【《V》】:あなたのソウルが0枚なら、あなたがライドデッキから「新世代の美 エルミニア」にライドする際、手札から1枚捨てずにライドできる。

アタック時2000パンプ

アタック時に12000になるライドラインお馴染みの効果ですね。

 

パンプ込みでもパワー12000しかならないので、殆ど影響を及ぼさず、有名無実化しています。

先攻で殴る時、相手がガードを考えていれば役に立つ程度ですね。

 

折角全力能力の付いたG2なので、単騎でG3を殴れるようにして欲しかったです。

 

全力-ライドコスト踏み倒し

全力条件でのライドコスト踏み倒しですね。

 

手札を1枚温存できるので、事実上の1アドです。

対象が「新世代の美 エルミニア」に限定されているので他軸では使えそうにありませんが、「新世代の美 エルミニア」へノーコストでライドできるのは良いですね。

 

また全力能力持ちなので、「新世代の美 エルミニア」の能力でスタンドできます。

このユニットがアタッカーとしてイマイチなのでスタンド対象になる事はほぼ無いでしょうが、他の全力サポートが出れば、その恩恵を受けられる全力能力持ちの一角として価値が出るかも知れません。

 

欠点は全力能力を単騎では発揮できない点です。

使い勝手の悪いパンプなんかを搭載しているから、自力ではソウルを吐き出す事ができません。

「狙い撃つ美 レランシェ」等、手軽にソウルを消費できる《R》要員が別途必要となりますね。

その難易度次第でこの能力の使い勝手も変わってきます。

 

総括

「エルミニア」軸用のライドラインです。

 

全力能力でライドコストを踏み倒す事で、手札を温存できる点が優秀ですね。

ただこのユニット自身にはSB等のソウルを消費する術がなく、《R》でのサポートが必須となります。

安定して全力を発揮できないとこのユニットにライドする意味が殆ど無くなってしまうので、ソウルサポート次第です。

 

狙い撃つ美 レランシェ

f:id:harvestfiesta:20220126124009j:plain

評価:4/5

【起】【《V》/《R》】【ターン1回】:【コスト】[SB①、手札を1枚捨てる]ことで、1枚引く。

 

全力-【永】【《V》】:あなたのソウルが0枚なら、あなたがライドデッキから「魅了する美 エルティーヌ」にライドする際、手札から1枚捨てずにライドできる。

手札交換

SB①を消費しての手札交換ですね。

コストとして先に手札を破棄してからドロー処理が入るので、手札交換としては弱い部類です。

 

この能力の利点は【《V》/《R》】で使用可能な起動型能力で、手軽にソウルを消費できる点です。

現状、他にソウルを調整する役目を負えそうなユニットが存在しないので、メインデッキにも普通に入りそうです。

 

全力-ライドコスト踏み倒し

「魅了の美 エルティーヌ」同様、全力条件でのライドコスト踏み倒しですね。

 

こちらは自力でソウルを0にできるので、確実にコストの踏み倒しができます。

自己完結していて良いですね。

 

能力①の都合上メインデッキにも投入されそうなので、全力アタッカーに窮したら「新世代の美 エルミニア」の5000パンプを振ってパワー13000になったこのユニットがスタンドしてアタックするなんて動きをすることもあるかも知れません。

 

総括

「エルミニア」軸用のライドラインです。

 

「魅了の美 エルティーヌ」同様、ライドコストを踏み倒す全力能力を持ちますが、こちらは自力でソウルを減らす事ができ、確実にコストの踏み倒しを行える点が偉い。

ターン制限こそありますが、能力①は【《V》/《R》】で使用可能な起動型のSB手段なのでこの能力目当てにメインデッキにもフル投入する形になりそうです。

 

ベイジングファウンテン テルエス

f:id:harvestfiesta:20220126124034j:plain

評価:4/5

全力-【自】【《R》】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのソウルが0枚なら、【コスト】[CB①]することで、そのバトル中、このユニットは『【自】【《R》】:このユニットのアタックがヒットした時、1枚引く。』を得て、あなたの他のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

全力-ヒット時1ドロー&他者パンプ

全力条件でヒット時1ドローの付与と、他者へパンプを振れます。

 

全力能力持ちがヒット時1ドローを持っている事自体は悪くありませんね。

「新世代の美 エルミニア」の能力でスタンドできるので、これ1枚で1ターンに2ドローを狙えます。

ただ何故かアタック時にCBを消費してヒット時能力を得る形になっており、ヒットした時にコストを払うか否かを決定する通常のヒット時能力よりもリスキーです。

 

パンプの方はヒット時能力とは切り離されており、ヒットの有無に関係なくパンプを振れる点は良いですね。

欲を言えば自身を対象に含めて欲しかったのですが、《V》を含めた任意のユニットにパンプを振れるのでこんなものでしょう。

 

総括

全力能力持ちのアタッカーです。

制服のまま噴水に入っている絵面が酷いと思ったら、フレーバーも酷かった。

 

自己パンプを持たない点が残念ですが、ヒット時1ドロー効果を持つのでスタンド対象としてはまずまずですね。

おまけの他者パンプもヒット時能力の発動の有無に関わらずしようできますし、「新世代の美 エルミニア」のCB踏み倒しで発動する能力としては適当な部類だと思います。

【ヴァンガード】 「篤実な瞳 リリアナ」評価

篤実な瞳 リリアナ

f:id:harvestfiesta:20220126122126j:plain

評価:2/5

全力-【自】【《R》】:このユニットがアタックした時、あなたのソウルが0枚なら、【コスト】[CB①]することで、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

全力自己パンプ

全力能力でバトル中のみ23000になれる効果ですね。

 

上昇値が高く、これだけでダメージトリガーをケアした数値になれる点は悪くありませんね。

そのバトル中のみしか効果は持続しませんが、ターン制限が無いので「新世代の美 エルミニア」でコストを踏み倒して2度能力を起動でき、高い火力を維持したまま2回目のアタックを行えるためスタンド候補となり得ます。

 

全力条件のソウル0枚とCBコストが付いてこれだけなので若干物悲しいものは感じますが、現状全力能力持ちアタッカーに乏しい「エルミニア」軸でならば、活躍の場はありそうです。

 

総括

新規ライドライン「新世代の美 エルミニア」を軸としたデッキ用の全力能力持ちアタッカーですね。

 

出来る事は前提条件付き、CB消費あり、バトル中限定の自己パンプですが、上昇値が相応に大きく、現状見えている範囲では「新世代の美 エルミニア」のスタンド先に乏しため十分採用圏内にありますね。

 

【ヴァンガード】 「アウェイティングスマイル マルエル」評価

アウェイティングスマイル マルエル

f:id:harvestfiesta:20220125202302j:plain

評価:2/5

黒翼(バインドに偶数グレードのみで有効)‐【自】【《R》】:このユニットがブーストしたバトル終了時、このユニットを手札に戻してよい。

バトル後自己バウンス

ブーストしてバトルが終わったら手札に帰る。

黒翼前提がややネックですが、悪くありませんね。

 

バトル終了時に回収できるので、通常はガードに使用できない盤面をシールド値に変換できますし、場から消えることで除去や投獄から避難しておく事ができます。

場合によっては守護者のハンドコストにもなりますし、盤面を空ける事ができるので「カイリ」軸への出張パーツとしても検討できそうですね。

 

問題は瑕疵のあるパワーです。

黒翼条件との兼ね合いでG3を採用し難い黒翼で、パワー6000しかないのは厳しい。

G2とラインを組んでも合計パワー16000にしかならず、「双翼の大天使 アレスティエル」のパワーダウンを含めても、ダメージトリガーをケアできません。

 

総括

バトル首領時に手札に戻る黒翼の強化札です。

 

ノーコストで自己バウンスを行える点は便利ですね。

バウンスによって相手ターンに使用できる札が疑似的に増えるので、能力自体は良いと思います。

ただパワーの瑕疵は看過できません。

黒翼の前衛に扱い易い高火力アタッカーが出ない限り、少々使い難いカードと言うポジションを脱却できそうにありませんね。

 

【ヴァンガード】 「笑顔を共に ジーズヤ」評価

笑顔を共に ジーズヤ

f:id:harvestfiesta:20220124122339j:plain

評価:4/5

【永】【《G》】:「Earnescorrect」を含むあなたのユニットすべてのシールド+10000。

 

【永】【《G》】:「Earnescorrect」を含むリアガードすべてはヒットされない。

「Earnescorrect」対象シールドパンプ

「Earnescorrect」のシールド値をl強化する能力ですね。

 

自身は「Earnescorrect」名称を持っておらず、名称を対象とした《G》で発動する効果なので他の「Earnescorrect」と共にガードしなくてはなりませんが、「Earnescorrect」すべてが15000シールドとして機能するようになるのは心強い。

 

自身には効きませんが、対象が広いので自身のシールド値を+10000するより高効率なのが良いですね。

このカードと不要な「Earnescorrect」1枚だけでも合計20000ガード。

「Earnescorrect」を2枚に増やせば一気に35000ガードまで引き上げられます。

通常ならばG2を3枚出しても15000ガードにしかならない事を鑑みれば、その差は歴然です。

 

「Earnescorrect」対象ヒット無効

「Earnescorrect」の《R》をヒットから守る能力ですね。

 

こちらは上記の能力①とは違い、このカード単体で機能し、「ドラゴニック・オーバーロード」等の厄介なヒット時効果や、《R》へのアタックによって盤面を崩されるのを防げます。

相手のパワーがどんなに高かろうと、このカード1枚で《R》を守れるのが良いですね。

 

対象が「Earnescorrect」を含むリアガードすべてと広いので、ミラーマッチ時の「Earnescorrectリーダー クラリッサ」のように一度に複数の《R》へとアタックするカードにも有効に機能します。

 

総括

「Earnescorrect」の強化札です。

 

これ1枚で《R》をアタックから守り、余剰手札を15000ガードへと変換してくれる能力が優秀ですね。

「クラリッサ」軸はメンバーにデッキスペースを取られ、自由枠が少なめですがこれならば枠を割く価値がありそうです。

【ヴァンガード】 「真っ直ぐに見つめて コンスタンツェ」「幽魂の抱擁 ベティーナ」評価

真っ直ぐに見つめて コンスタンツェ

f:id:harvestfiesta:20220121160003j:plain

評価:2/5

【自】:このユニットが手札以外から《R》に登場した時、【コスト】[SB①]することで、そのターン中、このユニットのパワー+10000。

手札以外から登場時自己パンプ

登場領域を指定されたcipパンプですね。

 

宵闇月の輪舞曲 フェルティローザ」の能力で登場すれば単騎23000になるので、能力さえ使えればアタッカーとして十分な数値になれます。

ソウル1枚で大きくパワーを伸ばせる点は悪くありませんね。

 

しかし手札に来てしまうと能力の使いようがなく、シールドのないG3ユニットなのでハンドコストぐらいにしかできないので少々扱い難いですね。

 

総括

胸に募る慕情 フロレンツィア」のパンプ版です。

 

効率の良い自己パンプを備えており、巧く山札からコールできれば強いのですが、手札に来ると腐ってしまう点が厄介ですね。

自力で場を空けるような真似もできませんし、手札で役に立つことも無いので、このカードがきちんと機能する事よりも腐る可能性の方が高く扱い難さの方が目立ちます。

 

幽魂の抱擁 ベティー

f:id:harvestfiesta:20220121160059j:plain

評価:3/5

【自】【《R》】【ターン1回】:あなたの他の<ゴースト>が、このユニットと同じ縦

列の他の《R》に登場した時、あなたのドロップから「フェルティローザ」を含むカードを1枚選び、ソウルに置く。

指定SC

同じ縦列に<ゴースト>を置くだけでソウルを増やせる!

 

ソウルにおけるカードが限定されていますが、山札を減らさずソウル共有を行えるのは便利ですね。

「フェルティローザ」軸は「貴女に捧ぐ小夜曲 エレオノーレ」の能力でソウルを消費するので、それをケアできる札が増えるのは偉い。

対象も「フェルティローザ」を含むと広いので、ライドラインの「フェルティローザ」を有効活用できますね。

 

惜しむらくはターン制限が付いている事です。

これさえなければ、「宵闇月の輪舞曲 フェルティローザ」の能力と併せて同一ターンに2度のソウル供給が望めたものを。

 

総括

少々癖はありますが、恒常的に機能するソウル供給要員です。

 

ソウルに吸い込む札がドロップの「フェルティローザ」に限定されている為、予めドロップを整えておく必要がありますが、「自撮り練習中 アンネリーゼ」等の自己ソウルインではない貴重なソウル供給要員です。

 

「フェルティローザ」軸は自己退却する前衛が重要なのでG1に割けるスペースはけして多くはありませんが、このスペックであれば採用できそうです。

【ヴァンガード】 「歌声は夜空に響いて リュドミラ」評価

歌声は夜空に響いて リュドミラ

f:id:harvestfiesta:20220121152302j:plain

評価:3/5

【自】【《R》】:このユニットがブーストしたバトル終了時、【コスト】[SB①]することで、このターンに歌われている曲により、以下すべてを行う。

・「爛漫はぴねす」-あなたのユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

・「潮騒とわいらいと」-あなたの山札を上から1枚見る。

・「茜色らんうぇい」-このユニットを手札に戻してよい。

・「六花ふらくたる」-【コスト】[手札から1枚捨てる]ことで、1枚引く。

5000パンプ

歌っている曲オーダーにより効果が変化する能力ですね。

爛漫はぴねす」ならパワー+5000です。

 

対象に制約のないパワー+5000なのでそこそこ便利ですね。

あれば役には立ちそうです。

 

ただ発動条件がブーストしたバトル終了時なので、自身のブーストしたアタックにはパンプが乗せられない点は少々残念です。

また「爛漫はぴねす」を歌っている必要があると言うのが使い難さに拍車をかけていますね。

あまり歌う機会のない曲なので、この能力の発動機会も少なそうです。

 

ピーピング

潮騒とわいらいと」はトップを確認できます。

 

トップを見た後、操作できるわけでは無いので、イマイチ使い道がありません。

ラクルのようなデッキを見ることで効果を発揮するカードがあればコンボになりますが、単体ではあまり意味がありませんね。

 

そもそも「潮騒とわいらいと」は採用自体が危ういので、こちらも使う機会は少ないと思います。

歌う手段があれば歌と一緒に出張セットとして他の軸で使えるかも知れませんが、今の所は難しそうです。

 

自己バウンス

茜色らんうぇい」を歌えば自己バウンスを行えます。

 

リリステはバウンスに反応して何かをする札に乏しいので、そこまで美味しくはありませんが、ソウル1枚で手札を増やせるのであれば悪くはありませんね。

除去や監獄のように盤面を荒らす効果から逃げる事ができるので、それなりに使う機会もあると思います。

 

ただ折角発動機会の多い「茜色らんうぇい」指定の効果なので、もう少し使いやすい効果が欲しかったですね。

非常に控えめな効果に見えます。

 

手札交換

六花ふらくたる」を歌えば手札交換ができます。

 

1:1交換なので得はありませんが、手札の不要なカードをドローに変換できるのは便利ですね。

潮騒とわいらいと」のピーピング効果と同時に発動すれば、疑似的なトップ操作にもなりますね。

六花ふらくたる」はキーカードの一つなので手札交換を発動できる機会も多いでしょうし、便利だと思います。

 

ただ発動タイミングがバトルフェイズなので、ドローしたカードを使用するまでにタイムラグがある点は少々残念です。

 

総括

歌った曲によって効果の変わる可変能力を持ったユニットです。

 

効果はどれもそこそこ便利ですが、歌に連動しているので基本的にはバウンスと手札交換しか行えませんね。

弱くはないのですが、前列に立てないユニット。

効果も必須と言う感じではないので、採用し難いですね。